ガッテン

【ガッテン】ユマニチュードのやり方!アイコンタクトで認知症が軽くなり介護が楽になる!【10月24日】

ユマニチュード入門

10月24日のガッテンでは

認知症の人が劇的変化! “アイコンタクト”パワー全開SPとして

ユマニチュードを

教えてくれましたので紹介します。

 

スポンサーリンク





 

アイコンタクトで認知症が軽くなる

人間は白目がはっきりとしており

黒目と白目の境目がはっきりとわかりますよね。

赤ちゃんもこれで人の視線を読むなどしており

人の本能として備わっている能力です。

これは認知症で要介護の人にもあてはまります。

 

ユマニチュード

フランス発の介護メソッドです。

相手の真正面に入って目を見てしっかりと声掛けをすることで

返事が返ってきて意思疎通が取れるようになったそうです。

 

  • 目を見て話す。
  • 丁寧におじぎをしない。
  • ほどよい距離感を保たない。
  • できる限り急がない。
  • 余計なことをしゃべる。
  • 患者さんの行ったことが間違っていても、間違いをなおさない。

これらのことを気をつけます。

スポンサーリンク





アイコンタクトのやり方

①距離を取って、相手の正面に立ちます。

 

②顔の高さを合わせます。

 

③相手の黒目を見つめながら、にっこり笑って笑顔でゆっくりと歩み寄ります。

 

④しっかりと目が合ったところで、じーっと相手の瞳を見つめます。

 

まとめ

介護が楽になるのはすごいですよね。

ぜひ参考にしたいと思います。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です