2016年9月10日のTBSのサタデープラスでは、名医の健康法として、高橋ドクターがハーバード大学式野菜スープを紹介してくれます。

 

野菜を何も味付けをしないまま、煮込んだだけのスープで、ファイトケミカルが豊富として、長生きができる長寿料理です。

 

実際に作ってみましたので、その様子を紹介します。

 

ハーバード大学式野菜スープのレシピ

かぼちゃ、たまねぎ、キャベツ、ニンジンを皮ごと煮込むことで、ファイトケミカルを煮出したスープです。

 

なぜこの4種類かと言うと、年中入手しやすいという事で、似たような野菜に置き換えても大丈夫です。

 

ポイントは皮ごと煮込むことで、植物の抗酸化物質のファイトケミカルを摂取することができます。

 

材料

スポンサーリンク

かぼちゃ 100g

たまねぎ 100g

きゃべつ 100g

ニンジン 100g

水 1L

 

作り方

1.野菜を3㎝の大きさにカットします。

f:id:kinyanpu:20160910080016j:plain

 

2.水をひたひたにまで加えます。

f:id:kinyanpu:20160910023810j:plain

 

3.沸騰したら20分コトコト煮込めば完成です。

f:id:kinyanpu:20160910022616j:plain

 

そのお味は?

かぼちゃの色が出て黄色っぽい色になっています。

 

スポンサーリンク

味はほんのりとかぼちゃや玉ねぎの味が出ており、甘みが感じられます。

しかし、美味しいとは言い難く、飲めないことはないけれども・・・と言った感じ。

 

しかし、その効果は絶大

1回200mlを空腹時に飲むだけで、健康維持や免疫力アップ、さらにはダイエット効果まであるスープです。

 

健康維持の場合は1日に1~2回、免疫力アップは1日に2~3回、ダイエットには3~4回飲むことが推奨されています。

 

感想

まずくはないですが、塩やコンソメで味付けをすれば美味しくいただけると思います。ただ、塩分摂取を考えると、そのままが飲むにしたいですね。

スポンサーリンク