一番やさしい視力回復法 (PHP文庫)

8月30日のソレダメでは

夏のダメージ回復として

夏の紫外線でダメージを受けた目のケア方法として

タヌキとキツネのまばたきのやり方を

教えてくれましたので紹介します。

 

スポンサーリンク

 

夏の紫外線で目はダメージを受けている

夏の日差しきついですよね。

夏はもっとも紫外線が強くなる季節でもあり

目の角膜と結膜がとても弱ってしまっています。

 

目の表面が弱ってしまうことで

夏もドライアイが起こってしまいます。

 

ドライアイを防ぐためには目の潤いを保つ

マイボーム腺のケアが重要で

まばたきのトレーニングでマイボーム腺の詰まりを防いで

ドライアイの回復が見込めます。

 

タヌキとキツネのまばたき

キツネの目とタヌキの目でまばたきをすることで

ドライアイの回復が期待できます。

 

キツネの目まばたきのやり方

①両手の人差し指で目尻を引っ張り上げます。

 

②その状態でゆっくりまばたきをします。

 

20回ずつ朝晩行ってください。

 

スポンサーリンク

タヌキの目まばたきのやり方

①両手の親指と人差し指で目を大きく広げます。

 

②その状態でゆっくりまばたきをします。

 

20回ずつ朝晩行ってください。

 

まとめ

スマホにしてからドライアイと

視力が落ちてきた感じがするので

ぜひやってみたいと思います。

 

スポンサーリンク