ヒガシマル醤油 ちょっと肉じゃがの素3P×10個

12月24日のサタデープラスでは

元宝塚の紫吹淳さんの花嫁修業として

弱火料理人の水島弘史さんが

肉じゃがの作り方を教えてくれますので紹介します。

 

 

水島流 肉じゃがのレシピ

55℃で低温調理します。

 

材料(2人分)

スポンサーリンク

じゃがいも(男爵)・・270g

たまねぎ・・60g

牛スライス・・80g

醤油・・15g(大さじ1)

絹さや・・6枚

酒・・20cc

塩・・1g(小さじ1/5)

砂糖・・15g(大さじ1)

水・・150cc・200cc

 

作り方

①冷たいフライパンに塩水を作ります。

 

②①皮をむいて適当な大きさに切ったじゃがいも

玉ねぎ、牛スライスも入れます。

 

③弱めの中火で55℃まで加熱します。

超えないように温度計で測りながら加熱してください。

 

④55℃になったら火を止めて蓋をして5分待ちます。

 

⑤5分経ったらザルで湯きりし、お湯ですすいでアクを取り除きます。

スポンサーリンク

⑥フライパンに油を引き、強火にして具材を入れて1分炒めます。

 

⑦酒を加えてアルコールを飛ばします。

 

⑧水、しょう油、砂糖を入れてアルミホイルで落し蓋をし

強火のまま10分煮込めば完成です。

 

まとめ

低温加熱調理すごいですよね。

弱火調理とても参考になります。

 

ローストビーフのレシピ

スポンサーリンク