骨は若返る!  ―骨粗しょう症は防げる! 治る!

4月24日のビートたけしさんがMCの

みんなの家庭の医学では

骨粗鬆症にならないための

簡単骨密度アップ体操の

やり方を教えてくれましたので紹介します。

 

スポンサーリンク

 

骨がスカスカになる物質

骨粗しょう症になった人は

骨がスカスカになってしまい

少し転んだだけで大腿骨が骨折してしまい

寝たきりになってしまう可能性があります。

 

気を付けてカルシウムを取っていても

骨がスカスカになってしまう人がいます。

 

スクレロスチンという物質が体内に増えてくると

栄養素を取っていても骨が作れなくなります。

すると骨がスカスカになってしまい

骨折の危険性が上がってしまいます。

スポンサーリンク

スクレロスチンは運動習慣と関係

骨スカスカ物質のスクレロスチンは

運動習慣と関係があります。

 

骨は新陳代謝と破壊を繰り返しており

約5年ですべての骨が入れ替わるといわれています。

 

スクレロスチンは新陳代謝を抑える働きがあり

スクレロスチンが多く分泌されると

骨の破壊ばかりが進んでしまいます。

 

骨密度アップ体操

骨に衝撃を与えることがポイントです。

特に足が地面につく瞬間に

骨盤への刺激が大きく与えられて

スクレロスチンの分泌を抑えられると考えられます。

スポンサーリンク

やり方

①家のできるだけ硬い床で、つま先立ちになります。

 

②かかとに衝撃が加わるようにストンと落ちます。

 

足の付け根を意識するとより効果的です。

 

まとめ

血管は大切ですので

ぜひ参考にしたいと思います。

 

スポンサーリンク