2016年9月9日の中居正広さんが司会の金スマこと金曜日のスマイルたちへでは、低温加熱調理で有名な、水島弘史シェフが登場し、弱火で調理するチャーハンの作り方を教えてくれました。

 

以前の放送でも、弱火で作る野菜炒めがとても面白かったので、チャーハンも紹介したいと思います。

 

水島流 弱火で作るチャーハンのレシピ

ご飯を水でほぐしてから、油をかけてコーティングしていました。

 

ポイント

スポンサーリンク

野菜を切るときは、細胞を壊さないようにして切ることが大切!

 

塩分は全体の0.8%の濃度にすることで、人の塩分濃度と一緒なので美味しいと感じる!

 

弱火で炒めることでご飯がパサパサではなく、パラパラなのにしっとり仕上がります。

 

作り方

1.レタスを水島流の切り方で切ります。

包丁の刃先を使って滑らせるように切るのがポイント!

手で葉脈に沿ってちぎってもOKです。

 

2.長ネギを切ります。

両面に斜めに半分くらい切り込みを入れて、

小口切りにすることでみじん切りにできます。

 

3.卵ほぐします。

お箸を突き立てて、一文字を書くように混ぜます。

こうすることで、卵白がしっかり切れます。

 

4.温かいご飯をザルに移します。

水を大さじ2をかけて、ご飯の糊成分を剥がしてほぐしてあげます。

 

5.さらにご飯に油をかけます。

これでご飯が油でコーティングできます。

 

6.炒めていきます。

火を点ける前のフライパンにサラダ油と溶き卵を加えます。

 

7.弱火にかけて、木べらでかき混ぜながら火を加えます。

とろみがついてダマができて来たらご飯を加えます。

 

8.木べらで切るようにほぐしながら3分混ぜます。

 

9.長ネギを加えてさらに2分切り混ぜます。

 

スポンサーリンク

10.レタスを入れて、塩・こしょう・しょう油で味付けをします。

 

11.香りが出たら真ん中をドーナツ状に開けて、30秒強火にかけます。

 

12.真ん中の熱いところに、ごま油を加えて香りを出して、ご飯に絡めます。

 

13.お皿に盛れば完成です。

 

感想

パラパラチャーハンのつもりが、パサパサにしてしまったことが何度もあるので、このレシピで作ってみたいと思います。

 

 

スポンサーリンク