大新)いわし開き 10枚入(1枚約40g)

6月25日の噂の東京マガジンの

やってTRYのコーナーで

船宿割烹汐風の細山和範さんが

イワシの蒲焼き丼の

作り方を教えてくれましたので紹介します。

 

スポンサーリンク

 

イワシの蒲焼き丼のレシピ

水あめを入れることで照りがよいタレになります。

 

材料(1人分)

マイワシ(下処理したもの)・・ 1尾

サラダ油・・大さじ1~2程度

小麦粉・・適量

刻み海苔・・適量

山椒・・適量

 

<タレ>

しょうゆ・・大さじ3

酒・・大さじ3

みりん・・大さじ3

砂糖・・大さじ1

水あめ・・大さじ1

 

<具材>

ご飯・・茶碗1杯

刻んだカリカリ梅・・適量

茹でて輪切りにしたオクラ・・適量

刻んだ大葉・・適量

刻んだミョウガ・・適量

刻んだたくあん・・適量

 

作り方

①タレの材料を鍋でひと煮立ちさせ

弱火で煮詰めて冷蔵庫で冷やしておきます。

 

②イワシを手開きして中骨を取り除きます。

 

③イワシの腹骨と背びれを包丁で切り落とします。

 

④はけで小麦粉をまぶします。

 

⑤サラダ油を敷いたフライパンに

イワシを皮目から入れて弱火~中火で焼きます。

 

⑥皮目に焦げ目がついたら

ひっくり返してもう片面を焼きます。

焼いている間に出る余分な油を

キッチンペーパーでふき取ってください。

 

⑦イワシが焼き上がったらフライパンを火からおろして

タレをスプーンで4杯程度に分けて加えイワシになじませます。

スポンサーリンク

⑧イワシを取り出して食べやすい大きさに切ります。

 

⑨ボウルに丼の具材とタレを入れしっかりと混ぜ合わせます。

 

⑩ご飯を入れしっかりと混ぜ合わせて、さらにタレをかけます。

 

⑪丼にご飯を盛って蒲焼きのイワシをのせます。

お好みで山椒とのりをかければ完成です。

 

まとめ

ご飯が進みそうですね。

ぜひやってみたいと思います。

スポンサーリンク