体がみるみる若返る「きくち体操」入門BOOK: いくつからでも、誰でも奇跡が訪れる! (知的生きかた文庫)

10月3日の梅沢富美男のズバッと聞きますでは

きくち体操の考案者の菊池和子先生が

きくち体操第3弾

を教えてくれましたので紹介します。

 

スポンサーリンク

 

足首回し

足の指は全身の筋肉につながっているため全身が活性化します。

 

やり方

①片足を膝の上にのせます。

 

②手の指と足の指をしっかり握手します。

 

③1回転8秒を10回繰り返します。

 

足裏ガリガリバンバン体操

足の裏は脳の間隔を呼び起こす重要な場所です。

 

やり方

①足の裏を20回ガリガリひっかきます。

 

②バンバンと足の裏を20回たたきます。

スポンサーリンク

足指握手

他人と足の指を組むことで

いつもとは違うところに刺激が行きます。

 

やり方

①2人1組になって足の指を組み合わせます。

 

②足の指を組んだまま足を上げます。

 

③そのまま開脚します。

 

足指歩き

 

やり方

①両足を肩幅に開いて足指だけで前進します。

全く歩けない人は要注意です。

スポンサーリンク

足指ヒモつかみ

 

やり方

①紐やペンなどを準備します。

 

②足の指でひもを持ち上げて10秒キープします。

 

腕ねじり体操

手の指も脳の間隔を呼び起こすのに効果的です。

 

やり方

①両腕を横に広げ、肘を伸ばた腕を5回ずつ前後にねじります。

 

②小指を前後に引っ張るように意識して行ってください。

 

手のひら体操

 

やり方

①親指を小指の付け根に持っていきます。

残りの指は開きます。

 

②人差し指を親指の付け根に持っていきます。

残りの指は開きます。

 

③中指、薬指、小指も同様に行います。

 

姿勢改善のきくち体操

 

まとめ

ぜひ参考にしたいと思います。

 

スポンサーリンク