チャレンジ!ホビー 萬田久子といっしょに  HIDEBOHのタップダンス (趣味工房シリーズ)

10月31日の梅沢富美男のズバッと聞きますでは

中野章三さんが今すぐできる健康法として

座タップダンスのやり方

を教えてくれましたので紹介します。

 

スポンサーリンク

 

座タップダンスとは?

座タップダンスとは中野章三さんが考案した

足を動かすだけで今すぐできる健康法です。

 

椅子に座った状態で出来るので体の負担は少なく

足をいつもとは違った動かし方をするので

頭を使うので認知症にも効果が期待できます。

 

その他にも血流が良くなり

冷え性や肩こりなどにも効果が期待できます。

また、中高年になると足腰の筋肉が衰えてきますが

それを鍛えることができるので

猫背や姿勢改善にも効果が期待できます。

 

座タップダンスのやり方

しっかりと椅子に座って足を動かします。

 

やり方

①キャスターのついていな椅子に座り

背筋を伸ばして手は楽な状態にします。

足の裏はしっかりと地面につけて膝は90度に座ります。

 

②ふくらはぎを引き締めます。

両足を肩幅ぐらいに広げて片足ずつかかとを上げておろします。

4回1セットで2回繰り返します。

 

慣れてきたら両足同時も行ってください。

 

③足の甲を鍛えて、ひざ裏とアキレス腱を柔らかくします。

片足を上げてかかとをグーッと前に押し出すように伸ばします。

次につま先を前に伸ばして足を伸ばします。

両足交互に4回1セットを2回繰り返します。

 

④足首を鍛えます。

片足を上げてかかとを前に押し出すように膝を伸ばします。

足首を内側から外側に4回、外側から4回まわします。

両足交互に4回1セットを2回行います。

スポンサーリンク

⑤肩の筋肉をほぐします。

右足を前に出して同時に左手をまっすぐ出します。

右手は真横に伸ばして基本姿勢に戻します。

 

反対も同様に行います。

交互に4回1セットを2回行います。

 

⑥大胸筋を鍛え、肩甲骨周りをほぐします。

片足を上げてつま先を立てて前に出します。

同時に両手を「セーフ」の姿勢にします。

足を元に戻すと同時に両手も元に戻します。

4回1セットを2回行います。

 

⑦タップダンスのステップを踏みます。

スニーカーや運動靴を履いてタップダンスの動きをします。

スポンサーリンク

ザタップダンスの動画

座タップダンスの動画はこちらです。

 

まとめ

ぜひ参考にしたいと思います。

 

スポンサーリンク