ハイドロハイター 150G

2月4日のスッキリでは

不入流家庭のしみ抜き術 第5弾として

尿素系漂白剤

教えてくれましたので紹介します。

 

スポンサーリンク

 

尿素系漂白剤

二酸化チオ尿素が含まれている

尿素系漂白剤とは還元型漂白剤とも呼ばれており

色々ありますが花王のハイドロハイターが

尿素系漂白剤の1つです。

スポンサーリンク

オキシドールと合わせることで

生地を傷めにくくシミを落とせます。

 

漂白剤の選び方

漂白剤には大きく分けて3種類あり

塩素系

酸素系

尿素系

この順に強い漂白作用があります。

 

漂白作用が強いということは生地を傷めやすく

落としたくない色まで落としてしまう可能性もあります。

 

スタジャンの汚れの落とし方

スタジャンのような色柄と白い生地が混ざったものは

全体を尿素系漂白剤で処理したのち

白い部分を酸素系漂白剤で処理するのがおすすめです。

 

材料

酸素系漂白剤

尿素系漂白剤

オキシドール

 

やり方

①尿素系漂白剤とオキシドールを1:3で混ぜます。

混ぜたものを歯ブラシでシミの部分に塗り込みます。

 

②酸素系漂白剤とオキシドールを1:3で混ぜます。

柄の部分をよけて、白い部分に塗ります。

 

③すべて塗り終わったら1時間置きます。

 

④水で漂白剤を洗い流して軽く絞り

自然乾燥させて完了です。

 

布製の椅子

椅子の布製の座面はセスキ炭酸ソーダと

尿素系漂白剤を使って落とします。

 

セスキ炭酸ソーダは重曹と炭酸ナトリウムをあわせたもので

タンパク質系の汚れを落とすのに優れています。

 

材料

セスキ炭酸ソーダ

尿素系漂白剤

オキシドール

 

やり方

①セスキ炭酸ソーダを水で溶かし

雑巾などを使って椅子の座面全体に塗ります。

 

②尿素系漂白剤とオキシドールを1:3で混ぜたものを

汚れた部分に歯ブラシなどを使って塗り込みます。

 

③30分ほど置いてからかたく絞った雑巾でふき取れば完了です。

スポンサーリンク

手作りの着物

着物の黄ばみを酢と漂白剤を使い分けて落とします。

シミ落としをするときは裏地に溶剤がつかないように

宙に浮かせたりビニールで養生して行ってください。

 

材料

尿素系漂白剤

塩素系漂白剤

オキシドール

 

やり方

①黄ばみなどのシミ部分に綿棒を使って酢をしみこませます。

 

②尿素系漂白剤とオキシドールを1:3で混ぜたものを

さらに綿棒を使って塗り込みます。

 

③30分放置します。

 

④ビニールなどの上において塩素系漂白剤を8~10倍に薄め

綿棒でシミに塗ります。

 

⑤水ですすいで乾かせば完了です。

 

まとめ

ぜひ参考にしたいと思います。

 

スポンサーリンク