ボスメイク: JunJunメイクで顔もココロもなめられない女になる (実用単行本)

11月20日のスッキリでは

ヘアメイクアップアーティストのJunJunさんが

強い女に見せるボスメイク

を教えてくれましたので紹介します。

 

スポンサーリンク

 

ボスメイクとは?

ヘアメイクアップアーティストのJunJunさんが提唱する

コントゥワリングメイク法を使ったメイクです。

 

コントゥワリングメイク法とは海外で爆発的人気を得ている

顔に光と影を描いて

メリハリのある小顔に見せてくれるメイクテクニックです。

 

JunJunさんはこれを日本人女子の顔型や肌質肌色に引き寄せて

「キレイだけどカッコいい」

色っぽいのに凄みと意志を感じさせる“ボス顔”を作る

ボスメイクを教えてくれました。

 

ボスメイクの本

JunJunさんはボスメイクの本も出版されています。

 

ボスメイクのやり方

(尼神インターの誠子ちゃんの場合です)

 

①眉を濃くはっきりと描きます。

顔が引き締まった印象になります。

スポンサーリンク

②オレンジアイシャドーでグラデーションをつけます。

目の下に影を作って立体感と奥行きを生み出します。

 

③ブラックのアイライナーで目尻を斜めはねあげにします。

リフトアップした印象になります。

 

④目頭にアイラインをちょい足しします。

離れ目を内側に寄せて立体的な顔立ちになります。

 

⑤つけまつ毛で目力をアップさせます。

 

⑥コントゥアリングという立体的な骨格を作り出すメイク術をします。

陰影を作って骨格を際立たせて立体的にします。

 

⑦椿鬼奴さんのような鼻などに濃くラインを引いて

それをぼかすようにしてなじませます。

 

安室奈美恵風ボスメイクのやり方

①眉間を狭くしてクールな印象にします。

インテグレート ビューティーガイドアイブローBR671を使います。

 

②次はアイシャドーです。

キャンメイクのパーフェクトスタイリストアイズ14を使用しました。

 

普段とは違う塗り方で骨格を際立たせるように塗ります。

一般的には上から下へ濃くなるグラデーションで塗りますが

目頭を広く、二重幅、目尻を広く塗ります。

目頭・目尻を縦に塗り広げて中央は塗らないようにします。

 

これで彫が深く見えます。

 

③ラメを中央だけにのせて立体感を演出します。

 

コントゥアリングのやり方

シャドー

NYX Professional Makeup ワンダースティック 03を使っていました。

 

最後にするのがポイントだそうです。

①輪郭に沿って塗って小顔効果があります。

 

②頬骨の下、鼻筋に塗って彫を深くします。

口をすぼめた時に出てくる頬骨に塗るのが塗りやすいです。

 

ハイライト

M・A・C スタジオ フィックスウェア コンシーラー NW20をハイライトにしていました。

 

①頬・口角・鼻筋に塗って立体感を出します。

あとはブラシやスポンジでなじませてください。

 

まとめ

ぜひ参考にしたいと思います。

 

スポンサーリンク