体を動かさずにお腹が凹む! 立ったままで「5秒腹筋」

9月13日のソレダメでは

普通の腹筋の5倍の効果がある

5秒腹筋のやり方を

教えてくれましたので紹介します。

 

スポンサーリンク

 

5秒腹筋とは?

通常の腹筋は腰などに負担がかかって

さらには負荷は1秒しかかかりません。

5秒腹筋は立ったまま行うことで腰への負担が少なく

より効果的に腹筋を鍛えられます。

 

やり方

①両手を頭の後ろにもっていきます。

手は軽く握りこぶしを作って肘は頭より上にします。

 

②片足を1歩前に出して

鼻から息を吸ってお腹を凹ませます。

 

③ゆっくり息を吐きながら上体を前に倒します。

お腹に力を入れたまま5秒キープします。

スポンサーリンク

④鼻から息を吸いながら上体を起こします。

 

この動きを1回として10回行うことで

通常の腹筋の50回分の負荷をかけられます。

 

まとめ

お腹を引き締めるためにも

ぜひやってみたいと思います。

 

スポンサーリンク