レシピ

【主治医が見つかる診療所】エゴスキュー体操!やり方!痩せるストレッチ!体の歪みを改善!【3月7日】

 

3月7日の主治医が見つかる診療所では

たった10分で体の歪みを改善するストレッチとして

エゴスキュー体操

を教えてくれましたので紹介します。

 

スポンサーリンク





 

エゴスキュー体操とは?

エゴスキュー体操とは、ピートエゴスキューさんが考案した

アメリカで生まれた1日2~3分の簡単なポーズをとるだけで

体の歪みが改善されて関節痛が改善したり

代謝が良くなってダイエット効果を期待できるストレッチです。

 

エゴスキュー体操の極意

エゴスキュー体操の極意は骨盤を正しい位置に戻すことです。

骨盤は体の中心にあり、それが歪むと姿勢が歪みます。

上半身と下半身の中心に位置し、ここが歪むと

背中、腰、膝も歪んで姿勢が悪くなってしまいます。

 

この姿勢が悪い状態が続くと

関節などに負担がかかって痛みが出てきます。

 

エゴスキュー体操は使っていない筋肉に刺激を与えることで

骨盤を正しい位置に戻して歪みを改善します。

 

骨盤の歪みチェック①のやり方

①壁に背中をつけて立ちます。

 

②壁と腰のすき間に手を入れます。

 

抵抗なく手首までスッと入る人や

壁と腰のすき間がなく手が入らない人は骨盤が歪んでいます。

 

手の甲の中央あたりまで入る人は歪んでいません。

スポンサーリンク





骨盤の歪みチェック②のやり方

①前を向いて2~3回足踏みをします。

 

②止まった時に片方が足が前に出ている人や

両足が平行でない人は骨盤が歪んでいます。

 

エゴスキュー体操

 

風車体操のやり方

①壁にかかと、お尻、背中、手、頭をつけます。

 

②両腕を真横に伸ばして、手のひらを前に向けます。

 

③足幅は握りこぶし1つ分開きます。

 

④上半身を左右に10回傾けます。

 

大腰筋という腰椎、骨盤、足の骨をつなぐ筋肉と

腰方形筋という肋骨、腰椎、骨盤をつなぐ筋肉を動かすことができます。

 

さらにこぶし3つ分、こぶし6つ分と足の幅を広げて同様に行ってください。

最後に足幅を握りこぶし1個分開いて行ってください。

 

まとめ

ぜひ、参考にしたいと思います。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です