スタンフォード式 疲れない体

8月30日の主治医が見つかる診療所では

スタンフォード式疲れない体として

スタンフォード大学の疲労回復法を

教えてくれましたので紹介します。

 

スポンサーリンク

 

スタンフォード式疲労回復法

サッカーU21代表チームを指導する

スポーツ科学の山田知生先生が

スタンフォード式の疲れない体を作る方法を教えてくれました。

 

  • 腹圧呼吸
  • ゆらゆら立ち
  • 肩甲骨ぐるぐる
  • 足トントン
  • スーパー回復浴

 

これら5種類の方法があります。

 

腹圧呼吸法

①背中・お尻・ひざが90度になるように座ります。

 

②手の甲を太ももの上に置いて

指先で足の付け根を軽く押すように当てます。

 

③その指が前に動くようにお腹を膨らませながら

鼻からゆっくり息を吸います。

 

④お腹を膨らませたまま口からゆっくりと息を吐きます。

 

ポイントは息を吐くときも吸うときも

お腹の圧をキープしたまま行うことです。

 

これを1日に2分間行います。

体のゆがみを直す呼吸法となっています。

 

しつこい体の歪みがあると

不自然さをカバーするために

体に疲労が蓄積していきます。

 

腹圧呼吸を続けることで

インナーマッスルを鍛えて体の軸が安定するようになり

その結果自然と正しい姿勢になって体の負担が減り

疲れがたまりにくくなります。

 

ゆらゆら立ち

①足を肩幅ぐらいに開いてまっすぐ立ちます。

 

②腰骨を中心に左右に小さく揺れます。

 

③重心を左右の足に交互に移動させます。

 

姿勢がよくなる疲労回復法です。

 

肩甲骨ぐるぐる

①両手の指先を肩の上に軽く置きます。

 

②指が肩から離れないように腕を前から後ろへ回します。

 

③できるだけ胸を前に出して

ひじを遠くに回すように肩甲骨を回します。

 

1日10回行うようにします。

肩こりの解消が期待できます。

スポンサーリンク

足トントン

①背中・お尻・ひざがそれぞれ90度になるように椅子に座ります。

 

②つま先を床につけたままかかとをゆっくりと上げ下げします。

 

③15秒行います。

 

④かかとを床につけたままつま先をゆっくり上げ下ろしします。

 

⑤15秒行います。

 

ふくらはぎを動かすことでひざ裏のリンパ節が刺激され

血行が良くなって疲労物質が溜まるのを防いでくれます。

 

スーパー回復浴

①浴槽に38℃のお湯を張ります。

 

②水シャワーを1分浴びます。

 

③お湯に30秒つかる、水シャワーを30秒浴びるを5回繰り返します。

 

④水シャワーを1分浴びます。

 

入浴前後に必ず水をコップ1杯ずつ飲むようにしてください。

また高齢者の方や持病がある方は医師と相談して行ってください。

 

体を温めて冷やすことで血管が拡張・収縮して血行が良くなり

疲れた筋肉に栄養素が運ばれて疲労回復が期待できます。

 

まとめ

最近疲れが取れにくいので

ぜひ、参考にしたいと思います。

 

スポンサーリンク