シューイチ

【シューイチ】ダンサー式ストレッチ!SAM!やり方!TRF!体幹を鍛える!年齢に負けない動ける体のつくり方!【2月10日】

年齢に負けない「動ける体」のつくり方 (ACTIVE HEALTH 2) 

2月10日のシューイチでは

TRFのSAMさんが

年齢に負けない動ける体のつくり方から

ダンサー式ストレッチの

教えてくれましたので紹介します。

 

スポンサーリンク





 

年齢に負けない動ける体のつくり方

年齢に負けない動ける体を作るためには

体幹を鍛えることが大切です。

 

体の軸を強化してブレない体を作ることで

踏ん張りが効いて姿勢が良くなります。

そのためには腹・腰回りのインナーマッスルを鍛えることが大切です。

肩こりや腰痛にも効果的です。

 

体幹を鍛えるのにSAMさんが

ダンサー式ストレッチを教えてくれました。

 

ダンサー式ストレッチのやり方

 

つま先立ちスクワット

①両足を揃えて立ち、両手の指をからませて、手の平が上に向くように背伸びをします。

両足は床につけたまま、背骨を伸ばすように行います。

 

②両腕を伸ばした状態で、かかとを上げてつま先立ちになります。

 

③ゆっくりと膝を曲げて、お尻がかかとに着くくらいまでしゃがみます。

 

④②の状態に立ち上がります。

 

⑤5回繰り返します。

体幹を鍛えることができます。

スポンサーリンク





リズム屈伸

①足を肩幅に開き、ダウンのリズムを取ります。

 

②体が上がる時に、かかとをあげます。

 

お尻の上に上半身をのせるイメージで行います。

最低でも1分以上続けることが理想です。

 

俊敏さは若さの象徴で、切れのある動きをキープできます。

瞬発力と持久力も鍛えられます。

スポンサーリンク





指さしロッキング

①胸の前から右腕を水平に動かします。

 

②反対の左腕も同様に行います。

 

③右腕、左腕の順に前方へ指をさします。

しっかりと止めることが重要です。

 

こちらも最低でも1分行うようにします。

指をさすポイントする動きが腕の瞬発力に効きます。

スポンサーリンク





かかと立ちツイスト

①かかと立ちになります。

 

②腕でバランスを取りながら左右に体をひねります。

 

できればその場から動かずに肩はリラックスして、下っ腹に力を入れて行います。

体幹が弱いと体が後ろに倒れてしまうので

前傾姿勢を保って両腕でバランスを取ります。

 

まとめ

ぜひ参考にしたいと思います。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です