ゆるめる力 骨ストレッチ

1月7日のシューイチの中山のイチバンでは

体の柔軟性がアップする

骨ストレッチのやり方を

教えてくれましたので紹介します。

 

スポンサーリンク

 

骨ストレッチとは?

腰痛と肩こりに効果のある体操です。

 

骨のつながりを意識することが重要で

例えば鎖骨が動くと肩甲骨、胸骨、骨盤と繋がっているので

鎖骨を押さえることで滑らかに身体が動きます。

 

基本のポーズ

①右手の親指と小指を引っ付けます。

 

②左手の親指と小指で右手首にある、ぐりぐりの骨をつかみます。

きつくつかむのではなく触れる程度でOKです。

 

親指に力を入れるとブレーキで

小指に力を入れるとアクセルの役割があり

これを引っ付けることでニュートラルな感じになります。

スポンサーリンク

肩こり解消ストレッチ

①肩幅に足を広げます。

 

②右手の肘の角度を90度にします。

 

③右手の親指と小指をくっつけて

左手の親指と小指で手首の骨をつかみます。

 

④顔はまっすぐで笑顔で後ろに引きます。

笑顔にすることで緩みやすくなります。

 

⑤7回後ろに引いてください。

 

動かしにくいポーズを行うことで

骨格の中心が動いてほぐれてくれます。

 

腰痛解消ストレッチ

①椅子肩幅に足を開いて座ります。

 

②足を軽く前に出します。

 

③膝の角度をピンとせずに少し緩めます。

 

④基本のポーズをとって

笑顔で7回前に引っ張ってあげます。

 

まとめ

正月でなまった体を正すために

ぜひやってみたいと思います。

スポンサーリンク