速効! 5分で伸びる! 子どもの走り方トレーニング

10月7日のシューイチでは

中山のイチバンのコーナーで

これからの運動会に向けて

足がはやくなる方法を

教えてくれましたので紹介します。

 

スポンサーリンク

 

走り方5分トレーニング

マリナーズの岩隈久志投手のトレーナーだった

木村匡宏さんが教えてくれました。

5つのステップで足が速くなります。

 

足指ニギニギ

着地するときに重要な足の裏の

感覚を鍛えるトレーニングです。

 

やり方

①足の指の一番根元にある骨をさわります。

 

②根元をしっかり握り動かします。

 

③普段意識しない薬指や小指をきちんと動かします。

 

④反対側の足も同様に行います。

 

⑤手を使わずに、足の指の骨をバラバラにするつもりで大きく動かします。

 

速く走るためにはかかとから着地するのではなく

つま先側から着地するのがポイントです。

 

各10秒ずつ行います。

 

脚クルクル

動きを記憶に残してあげます。

 

やり方

①背筋を伸ばして椅子に座ります。

座った時の膝が直角になるようにしてください。

 

②足首を立てて膝がつくように脚を揃えます。

 

③足の指で相手の手をつかみひざを上下に動かします。

 

④自転車を漕ぐように足を回転させます。

 

⑤前方に向かってダッシュします。

 

足の回転数を増やす感覚を養うことがd系ます。

10~15秒を目安に行います。

 

肩グルグル

肩甲骨周りを柔らかくすることで

腕が振れてスピードアップになります。

 

やり方

①立った状態で腕を前に出し

そろえた指の先端を折り曲げます。

 

②腕を交互に動かしてクロールをします。

体の軸はしっかりと固定して肩甲骨を回転させます。

 

③肩とひじをグルグル回すマエケン体操をします。

手の側面を体の中心に寄せるように意識します。

スポンサーリンク

水バシャバシャ

体の軸を安定させるようにします。

 

やり方

①2リットルのペットボトルに2/3ほど水を入れます。

 

②ペットボトルを横にして両手で持ちます。

 

③へその前でペットボトルを横に振ります。

できるだけ速く振ってください。

 

体の右と左に同時に刺激が行くので体が安定し

子どもが走る時に左右にぶれずに

真っすく走るようにします。

 

猫背にならないように注意して5秒以上振ってください。

 

クロススタート

スタートするときに前に出す足と同じ方の手を前に出しがちですが

走る時は足と手は交互に前に出ないといけないので

スタートの時に左右を交互になるように意識付けることで

スタート時に差をつけることができます。

 

まとめ

やっぱり足が速いほうがかっこいいですよね。

ぜひ参考にしたいと思います。

 

スポンサーリンク