1日3分で美しくやせる! 「小林式腸トレ」

3月18日のシューイチでは

中山のイチバンのコーナーで

小林式腸トレを小林弘幸先生が

教えてくれましたので紹介します。

 

スポンサーリンク

 

全ての健康は腸から

アスリートなどでも

腸が悪いと筋肉の質も悪くなります。

さらには精神的にも安定しなくなり

腸脳関係があります。

 

腸は栄養を吸収する器官ですので

心臓や脳みそなどを作り出しているのも

腸が肝心要となっています。

 

腸は触ることができる器官

心臓や肝臓は肋骨に守られているために

触ることはできませんが

大腸はおなかの上から触ることができ

直接刺激してあげることで

大腸の動きを活発にしてあげることができます。

 

お腹つかみ

①右側のお腹の骨盤の上と

左側の肋骨の下をつかみます。

 

1回1分~3分が目安です。

スポンサーリンク

お腹つかみ骨盤まわし

①お腹をつかんだまま骨盤を回します。

 

②お腹を揉みながら行ってください。

 

より腸に刺激を与えることができます。

腹筋に力を入れて、肛門を締める気持ちで行うのがおすすめです。

 

お腹しぼり

①先ほどと同じようにお腹つかみをします。

 

②体を前に倒しながら息を吐きお腹を絞ります。

そうすることでより刺激を加えることができます。

 

1日3回行うことで効果が期待できます。

 

まとめ

ぜひ行ってみたいと思います。

 

スポンサーリンク