ゆるめる力 骨ストレッチ

1月7日のシューイチの中山のイチバンでは

10万部を超えたゆるめる力骨ストレッチが特集され

骨ストレッチのやり方を

教えてくれましたので紹介します。

 

スポンサーリンク

 

骨ストレッチとは?

筋肉で踏ん張らず骨から動かし

筋肉に負担をかけない方法です。

 

一般的な状態ひねりは

下半身で踏ん張る意識が強く

腰と首の2点でしかひねりません。

 

しかし、鎖骨を意識して動かすことで

肩甲骨や骨盤も連動して可動範囲が

大幅にアップするのです。

 

骨ストレッチ「鎖骨ひねり」のやり方

①親指を下にして鎖骨をつかみます。

 

②つかんだ部分を意識しながら体をひねればOKです。

 

骨ストレッチ「基本ポーズ」

①右手の親指と小指をくっつけます。

 

②右手の手首のぐりぐりと突起した骨を

左手の親指と小指で押さえます。

 

③おへそのあたりまで手をおろして

手首をブラブラさせます。

 

親指の筋肉はブレーキの筋肉で

小指の筋肉はアクセルの筋肉なので

2つをくっつけることでニュートラルな状態にできます。

 

手首肩甲骨ストレッチ

①ひじを90度に曲げます。

 

②先ほどの基本ポーズを作ります。

 

③顔を正面に向けて後方にひねります。

 

④肩甲骨を意識しながら7回後ろにひねってください。

 

反対も行ってください。

 

腰のストレッチ

①肩幅に足を開いて座り

ひざ下を軽く伸ばします。

 

②右手を前に伸ばして基本ポーズを作ります。

 

③前方のボタンを押すイメージで腰を伸ばします。

 

④だんだん伸ばす距離を長くして7回行ってください。

反対の手でも行ってください。

スポンサーリンク

もも裏伸ばし

①親指と小指でくるぶしをつかみます。

 

②お尻を上下に動かしてももの裏を伸ばします。

 

くるぶしを結んだ線と中指を結んだ

Tの字を意識して立つのがポイントです。

 

立位体前屈のやり方

①親指と小指をももの付け根にくっつけます。

 

②足をなぞるように滑らせます。

 

③こうすることで前屈がより曲がります。

 

まとめ

骨ストレッチぜひやろうと思います。

 

スポンサーリンク