内臓脂肪を最速で落とす 日本人最大の体質的弱点とその克服法 (幻冬舎新書)

4月28日の世界一受けたい授業では

内臓脂肪を最速で落とす方法を

教えてくれましたので紹介します。

 

スポンサーリンク

 

内臓脂肪の危険な目安

へそまわりの腹囲が

男性で85cm、女性で90cmを超えると

危険な目安です。

185cm以上の人では身長の半分を目安にしてください。

 

脂肪酸は肝臓で処理されるのですが

脂質を摂りすぎると処理しきれず

脂肪肝となってしまいます。

脂肪肝になると肝臓がんになる可能性が高くなってしまいます。

 

なんとがんの原因の30%が肥満です。

さらには40代で肥満の人は認知症になりやすくなっており

アルツハイマーの60%が

内臓脂肪の面積が基準値以上です。

 

内臓脂肪を抑える方法①

脂質を抑えることです。

お肉の余分な脂肪を落としたり

鶏皮を食べないようにします。

また、揚げるよりも焼くほうがおすすめです。

 

さらにはお酒とフルーツも要注意です。

お酒は食欲を高めるホルモンが出てきて

食べすぎになってしまいします。

 

フルーツは果糖が豊富に含まれており

血糖値を上げないので

ついつい食べ過ぎてしまいます。

どうしてもフルーツを食べたいときはいちごがおすすめです。

 

内臓脂肪を抑える方法②

アディポネクチンを増やすことです。

アディポネクチンは脂肪を燃やす働きがあります。

ところが日本人の40%はアディポネクチンが少ないのです。

 

アディポネクチンを増やす食べ物は玄米です。

大豆と玄米のキーマカレーがおすすめです。

スポンサーリンク

内臓脂肪を抑える方法③

日々の生活の中で落とします。

睡眠不足は内臓脂肪が多くなってしまいます。

睡眠不足になるとグレリンというホルモンが増えて

グレリンは食欲を増加させてしまいます。

また食欲を抑えるレプチンが減ってしまいます。

 

また、男性ホルモンは脂肪を燃やしてくれるので

運動をして男性ホルモンを出すことがポイントです。

1日30分のウォーキングがおすすめです。

かろうじて笑いながら歩ける速さがおすすめです。

 

また、有酸素運動の前に10分間の

筋トレをすることより効果的です。

 

まとめ

ぜひ参考にしたいと思います。

 

スポンサーリンク