ネイティブに笑われないクールイングリッシュ ―日本人の9割はダサい英語を話している (impress QuickBooks)

3月31日の世界一受けたい授業では

ネイティブに笑われないクールイングリッシュを

を教えてくれましたので紹介します。

 

スポンサーリンク

 

聞き返すときの英語

英語で話しかけられたときわからなければ

Pardon?

と答えてしまいがちですが

実はこれは古い表現になっており

日本語では「なんとおっしゃった?」と言っているようなものです。

 

I’m fine.はおかしい

How are you?と聞かれて

I’m fine.と答えてしまいがちですが

これはまあまあですと言った程度なので

I’m good.が一般的です。

 

あいづちはよくない

あいづちは話の流れを遮っているような印象を与えるので

ネイティブの人と話すときは

あいづちは打たない方がいいです。

 

Shall we~?は誘うのに向いていない

浅草へデートに誘おうとした時に

Shall we go to Asakusa next week?

と誘うのはあまりよくありません。

これは来週の場所は浅草でいい?といった

相手の都合は無視して決定事項のように聞こえてしまいます。

 

この場合は

Do you want to go to Asakusa?

が正しい表現です。

 

Shall we~?は選択肢の時に使うのがおすすめです。

スポンサーリンク

デートの最後にGoodbyeはよくない

Goodbyeというと永遠の別れのような印象があるので

デートの後に言うにはもう会わないといった感じになります。

この場合は

See you.やSee you later.がおすすめです。

 

自分を指すときときのジェスチャー

日本人は自分を指すときに人差し指で顔を指しますが

アメリカ人は手のひらで胸に触れるジェスチャーをします。

顔を指さすと鼻くそがついていますよと取られるかもしれません。

 

わからないを示すジェスチャー

日本人は首や後頭部を触りがちですが

これは肩こりがひどいと思われるだけです。

両肩を上げるのがネイティブに通じるジェスチャーです。

 

いらないを示すジェスチャー

手のひらを下に向けて手を振るのが要らないを示すジェスチャーです。

 

まとめ

ぜひ参考にしたいと思います。

 

スポンサーリンク