肺炎がいやなら、のどを鍛えなさい

9月30日の世界一受けたい授業では

肺炎が嫌ならのどを鍛えなさいとして

寿命を延ばす3つののど運動を

教えてくれましたので紹介します。

 

スポンサーリンク

 

誤嚥性肺炎は死亡のリスク

今回紹介されたのはベストセラーの

肺炎が嫌ならのどを鍛えなさいが紹介されました。

のどが鍛えられてないと誤嚥しやすくなり

日本人の死亡要因第3位となっています。

 

また、高齢者だけではなく

不慮の事故の死亡者数は

窒息死が5年連続1位にもなっています。

 

飴玉やピーナッツが詰まって

子供でも窒息死してしまいます。

 

誤嚥した場合の応急処置

①呼吸しているか確認

 

②上半身を倒す

 

③背中をたたいて咳をさせる

 

上半身を水平にすることで異物が出やすくなります。

立てたまま背中をたたくと肺の奥に異物が入ってしまいます。

 

誤嚥を防ぐ方法

誤嚥は姿勢にとても関係があります。

上を向くと気道を蓋しにくくなり誤嚥が発生します。

 

飲みこむときに軽く下を向くと

誤嚥しにくくなります。

 

また、食べた後にも息を吐くことで

誤嚥しかかっても出すことができます。

スポンサーリンク

飲み込み力のチェック

①ペットボトル飲料を上を向いて飲むとむせる。

 

②声をかけても無視されることが多くなった。

 

③歩くスピードが遅くなった。

 

④大きめの錠剤をのみにくくなった。

 

⑤食事を終えた直後、ガラガラ声になる。

 

2つ以上にチェックが入っていると要注意です。

 

また、のど仏を見ることでも飲み込み力が分かります。

のど仏が首の中央よりも上になければ

のど仏の筋肉がが衰えている証拠です。

また、飲み込んだ時にのど仏が2cm動かない場合も要注意です。

 

のど運動

あご持ち上げ体操

①下あごに両方の親指を当てます。

 

②あごを引きながら指で押し返します。

 

③口を横に広げのど仏周辺に力を入れます。

 

④イーといいながら5秒間力をいれてください。

 

朝・昼・晩の食事前に5秒×10回行ってください。

 

吹き矢トレーニング

①紙とセロハンテープを用意します。

 

②直径2cm程度に丸めて筒を作ります。

 

③紙を丸めてセロハンテープで留めます。

 

④50cm先に置いたペットボトルを倒します。

 

1日5分楽しみながら行ってください。

 

ハイトーンカラオケ

高い声でカラオケを歌うことで

のど仏を鍛えることができます。

 

低い音程から徐々に高い音程に変わるのが

のど仏を鍛えるポイントになっています。

 

堺校長の「さらば恋人」がおすすめされていました。

 

まとめ

誤嚥性肺炎怖いですので

ぜひ参考にしたいと思います。

 

スポンサーリンク