味の素 やわらかとんかつ120g×10個入り  冷凍

1月6日のサタプラことサタデープラスでは

弱火調理人の水島弘史さんが

新春劇的弱火調理術として

弱火で作るトンカツ

の作り方を教えてくれましたので紹介します。

 

スポンサーリンク

 

弱火で作る豚カツのレシピ

冷たい油で作ります。

 

材料

豚肩ロース・・120g

塩・・1g

こしょう・・適量

揚げ油・・フライパンの1cm程度深さの量

 

小麦粉(打ち粉)・・適量

溶き卵・・1個分

サラダ油・・小さじ1

パン粉・・適量

 

作り方

①打ち粉をした豚肉を卵にくぐらせてパン粉をつけます。

 

②フライパンに油を1㎝加えます。

 

③冷たいままの油にトンカツを入れます。

 

④③の上から油をかけて

トンカツに油がかぶるようにします。

 

⑤弱火をつけて揚げていきます。

常温の油から弱火で揚げることで、ジューシーに焼きあがります。

 

⑥6~7分後、全体が白くなって来たら裏返します。

 

⑦ひっくり返して3分経ったら、一度油から取り出します。

これでお肉には火が通りました。

 

⑧衣を香ばしくするために

油を190℃まで強火で熱します。

スポンサーリンク

⑨熱した油に一度取り出したトンカツを戻し

二度揚げします。

 

⑩60秒だけ強火で揚げてきつね色になれば完成です。

 

まとめ

2段階で調理するのがポイントですね。

ちょっと時間はかかるけどやってみます。

 

スポンサーリンク