本当においしい肉料理はおウチでつくりなさい

1月6日のサタプラことサタデープラスでは

弱火調理人の水島弘史さんが

新春劇的弱火調理術として

チャーハンの

作り方を教えてくれましたので紹介します。

 

スポンサーリンク

 

弱火で作るチャーハンのレシピ

ご飯を水で洗います。

 

材料

ご飯・・100g

サラダオイル・・小さじ2杯

卵・・1個

長ネギ・・15g

レタス・・20g

ハム・・30g

塩・・1.4g

コショウ・・ミル2回転

ごま油・・2g

 

 

作り方

①下準備です。

レタス、ハムは切って卵は溶いておきます。

 

②ごはんをパラパラにするために、ごはんをザルに入れてボウルで受けて

水大さじ3を上からかけてご飯を洗います。

これで粘り気を洗い取ります。

 

③さらに小さじ2のサラダ油を加えて

ほぐしたご飯をコーティングします。

 

④火をかけていないフライパンに、油と溶き卵を加えます。

 

⑤弱火をつけて、2分ほどヘラで混ぜながら加熱します。

 

⑥卵が半熟状態になったら

洗ったご飯を加えてヘラで切るように混ぜます。

フライパンは振ると焦げ付くもとになるのでやりません。

スポンサーリンク

⑦ご飯と卵が絡んだらフライパンで一番熱くなる

真ん中を空けておきます。

そこにネギを加えて炒め香りを出します。

 

⑧ネギがご飯にしっかり混ざったら

ハムとレタスを加えて塩で味付けをします。

 

⑨また真ん中を空けて強火にして

そこにごま油を加えて香りづけをします。

 

⑩黒コショウを振って完成です。

 

まとめ

弱火のチャーハン

ちょっと時間はかかるけどやってみます。

 

スポンサーリンク