PASTA―基本と応用、一生ものシェフレシピ100

9月2日のサタプラことサタデープラスでは

弱火調理人の水島弘史さんが紫吹淳さんに

弱火で作る冷製パスタの作り方を

教えてくれましたので紹介します。

 

スポンサーリンク

 

冷製パスタのレシピ

水で絞めなくてもモチモチです。

 

パスタ・・60g

ニンニク・・4g

玉ねぎ・・40g

オリーブオイル・・20g

トマト・・120g

ミニトマト・・70g

塩・・4g

砂糖・・4g

こしょう・・適量

モッツァレラチーズ・・50g

バジル・・2g

水・・20g

 

作り方

①たまねぎ、ニンニクはみじん切りにします。

トマトは角切りにします。

ミニトマトは1/4程度に切ります。

 

②たまねぎ、にんにくを火のついていないフライパンに入れ

弱火でじっくりと炒めます。

 

③角切りにしたトマトを加えて、弱火で煮崩れるまで煮ます。

弱火でじっくりと煮崩れさせるのがポイントです。

 

④パスタはカッペリーニではなく普通の太さのものでOKです。

塩は入れずに袋の表示通り茹でてください。

 

⑤パスタが茹で上がったらザルにあげて

パスタをボウルに入れ③の温かいパスタソースも入れます。

 

⑥ミニトマト、塩、砂糖、こしょうを入れて味を調えます。

 

⑦ビニール袋に⑥のパスタを全部入れます。

スポンサーリンク

⑧袋ごと常温の水に入れてゆっくり冷やします。

直接水に入れないので水っぽくなりません。

 

⑨冷蔵庫で10分程度冷やします。

 

⑩モッツァレラチーズ、バジルを加えて、器に盛ったら完成です。

 

まとめ

ビニール袋で冷やすのはいいですね。

こちらの弱火料理も試してみます。

 

スポンサーリンク