新宿中村屋 本格四川 辛さ、ほとばしる麻婆豆腐 155g×5個

9月2日のサタプラことサタデープラスでは

弱火調理人の水島弘史さんが紫吹淳さんに

弱火で作る「麻婆豆腐」の

作り方を教えてくれましたので紹介します。

 

スポンサーリンク

 

麻婆豆腐のレシピ

豆腐を下茹でしてひき肉の臭みを抜くのがポイントです。

 

材料(2人分)

豆腐・・1丁(320g)

合いびき肉・・80g

サラダ油(臭み抜き用)・・広げたひき肉の高さの1/3

サラダ油(炒め用)・・15g

にんにく・・10g

しょうが・・10g

ねぎ・・10g

豆板醤・・8g

日本酒・・30g

しょうゆ・・小さじ2

砂糖・・10g

塩・・2g

水・・100g

ねぎ(仕上げ用)・・40g

ごま油・・10g

粉山椒・・適量

 

<水溶き片栗粉>

片栗粉・・3g

水・・6g

 

作り方

①火を入れる前のフライパンにひき肉を広げ

サラダ油をひき肉が浸るくらい入れて

菜箸でほぐしながら弱火にかけます。

 

②全体がほぐれたら一度ザルにあげて油を切ります。

 

③ひき肉をフライパンに戻して弱火にかけます。

ペーパータオルで余分な油と水分をふき取りながら炒めます。

 

④豆腐を適当な大きさに切ってフライパンに入れます。

 

⑤豆腐がかぶるくらい水を入れて弱火で90℃まで加熱します。

 

⑥ザルにあげて水分を切ります。

 

スポンサーリンク

⑦フライパンにサラダ油と豆板醤を入れて

弱い中火にかけてフツフツとしてきたらフライパンの底に広げます。

 

⑧みじん切りのたまねぎ、にんにく、しょうがを入れて

しんなりとするまで炒め香りを移します。

 

⑨酒を加えて火を強めて煮立たせてアルコールを飛ばし

水、塩、砂糖、しょうゆを入れて煮ます。

 

⑩仕上げ用のねぎを2cmほど切って加え

しんなりするまで煮込みます。

 

⑪ひき肉と煮て水を切った豆腐を入れて弱めの中火にかけ

豆腐を崩さないように混ぜてタレを絡め3分ほど煮込みます。

 

⑫豆腐にしっかり火が通ったら水溶き片栗粉を回しいれ

かき混ぜてとろみをつけます。

 

⑬仕上げにごま油を粉山椒をかけて完成です。

 

まとめ

弱火調理やってみると

ちょっと時間はかかるけど美味しいですよね。

こちらも試してみます。

 

スポンサーリンク