股関節の痛み 変形性股関節症の治療がよくわかる (別冊NHKきょうの健康)

6月10日のサタデープラスでは

足からわかる3つのリスクとして

左右の足の長さが違う人は寝たきりになる可能性があり

改善する方法を教えてくれましたので紹介します。

 

スポンサーリンク

 

足の長さの違いとは?

①椅子に足をそろえて座ります。

 

②かかとの位置を揃えます。

 

③膝の位置が左右でずれていないか確認してください。

 

左右の差が0.5cm以内だと正常ですが

それ以上空いている方は要注意です。

 

0.5cm以上空いている人は

変形股関節症を患っている可能性があります。

 

変形性股関節症

大腿骨と骨盤の軟骨のすり減り方が左右で異なっており

最終的に軟骨がすり減って骨と骨同士が当たってしまい

痛くて歩けなくなってしまいます。

 

最終的には寝たきりへとつながるリスクがあります。

スポンサーリンク

股関節のローリングストレッチ

 

①椅子に座って片足を組みます。

 

②組んだ足を持ち上げて股関節からグルグルと回します。

 

1回30秒を目安に行ってください。

 

たったこれだけで変形性股関節症を予防できます。

 

まとめ

将来寝たきりは困りますね。

ぜひストレッチをやっていきたいと思います。

 

 

スポンサーリンク