がんリスクチェッカー

6月2日のサタプラことサタデープラスでは

健康診断の新常識として

健康診断の正しい見方やおうちでできる人間ドックを

教えてくれましたので紹介します。

 

スポンサーリンク

 

コレステロールの見方

健康診断の値が正常の範囲内であっても

善玉コレステロールと悪玉コレステロールの比率が重要です。

善玉は悪玉を回収してくれる役割があるのですが

LDL(悪玉)/HDL(善玉)≧2は要注意です。

 

血管にコレステロールが溜まって

心筋梗塞や脳梗塞のリスクが急上昇します。

 

LH比の減らし方

お弁当などを少し残して腹八分目にすることで悪玉が減り

犬の散歩などで運動することで善玉が増えます。

 

HbA1cの見方

HbA1cとは過去1~2か月の血糖の状態で

基準値以内であっても

糖尿病の原因である

血糖値スパイクの可能性があります。

 

HbA1cが5.8以上の方は基準値以内であっても要注意です。

スポンサーリンク

食事後するに軽めの運動をすることで

血糖値の上昇を抑えることができます。

5~10分のウォーキングでかまいません。

 

腹部エコー検査を受けるべき

自覚症状の出にくい沈黙の臓器の

肝臓や膵臓、卵巣を簡単に検査することができます。

早期の異変を発見できれば症状が軽くて済みます。

 

セルフ健康診断「手挙げぶらぶら」

①その場で両手を挙げます。

 

②30秒間手をぶらぶら振ります。

 

③ゆっくりと手を下ろします。

 

手全体にジーンとした感覚があれば正常です。

感覚が何もないと要注意です。

 

自宅でできる!おうちでドック

自分で血液と尿を採って送るだけで

がん16種類と生活習慣病9種類が分かります。

先週のがっちりマンデーでもやっていましたが

血を採るのも簡単にされています。

 

まとめ

とても気になるので試してみます。

 

スポンサーリンク