弱火コントロールで絶対失敗しない料理

1月6日のサタプラことサタデープラスでは

弱火調理人の水島弘史さんが

こじるりこと小島瑠璃子さんに

新春劇的弱火調理術として

お正月の余りものでごちそう寄せ鍋

の作り方を教えてくれましたので紹介します。

 

スポンサーリンク

 

水島流寄せ鍋のレシピ

余った食材を一気に使えます。

 

材料

ブリ・・200g

鶏もも肉・・200g

有頭えび・・2尾

春菊・・100g

水菜・・100g

白菜・・100g

しいたけ・・4枚

にんじん・・50g

ねぎ・・100g

塩・・だしの0.8%

 

<特製ダレ>

しょうゆ・・15g

オリーブオイル・・20g

はちみつ・・15g

レモン汁・・20g

黒コショウ・・1g

 

作り方

①鶏肉、ブリ、エビ、春菊、水菜は先発隊で

にんじん、ねぎ、白菜、しいたけは後発隊です。

 

②土鍋の半分に鶏肉、魚介類を入れ

もう半分に春菊と水菜をいれます。

 

③土鍋に水を注ぎ入れ弱火をつけます。

 

④弱火で約1分煮て白く濁って50℃になったら

春菊と水菜を取り出します。

 

⑤さらに弱火で3分煮て70℃になったら

鶏肉と魚介類を取り出します。

 

⑥だしにアクが出ているので濾します。

このだしの重量の0.8%の塩を加えます。

スポンサーリンク

⑦濾しただしを沸騰させます。

しいたけ、にんじん、白菜、ねぎを加えます。

これらの野菜は細胞が壊れることでうまみが出ます。

 

⑧取り出しておいた具材を入れて

弱火で3分ひと煮立ちさせれば完成です。

 

⑨特製ダレの材料を合わせたものをかければ、味変ができます。

 

まとめ

おせちの残りも弱火でおいしくなるのですね。

ちょっと時間はかかるけどやってみます。

 

スポンサーリンク