本当においしい肉料理はおウチでつくりなさい

5月22日の滝川クリステルさんがMCの

教えてもらう前と後では

弱火調理人や低温加熱調理で知られる

水島弘史シェフが

冷たい油で作る唐揚げの

作り方を教えてくれましたので紹介します。

 

スポンサーリンク

 

冷たい油で調理する唐揚げのレシピ

油で揚げるというより煮るようにして作ります。

お肉が縮まないのでジューシーに仕上がります。

 

材料(2人分)

鶏もも肉・・200g

片栗粉・・適量

サラダ油・・適量

 

【A】

塩・・1g

醤油・・15g

砂糖・・4g

コショウ・・少々

おろしにんにく・・4g

おろししょうが・・10g

日本酒・・8g

溶き卵・・15g

片栗粉・・15g

 

サラダ菜・・適量

レモン・・適量

 

 

作り方

①ボウルに一口大に切った鶏肉をいれて

下味の材料の【A】を加えていきます。

 

味のしょうゆ、塩、砂糖、日本酒を加えてから

香りのショウガ、にんにく、コショウを加え

衣の卵、片栗粉の順番に下味をつけて

15分ほどおきます。

 

②フライパンに底一面になるくらいのサラダ油を加えます。

 

③もう1度、鶏肉全体に片栗粉をまぶして

火をつける前の冷たい油の上に鶏肉を並べます。

さらに上から鶏肉の高さの

ヒタヒタちょっと手前まで油をたっぷり加えます。

スポンサーリンク

④弱火で火をつけ、100℃になったら火を止めます。

100℃の目安は泡がぷくぷく出てきたくらいです。

火を止めて1分後、また弱火をつけます。

これを10分間繰り返します。

 

⑤裏返して3分弱火で火入れし、一旦取り出します。

この時点では唐揚げの表面にはほぼ色がついていない状態です。

 

⑥最後に強火で油を熱し、鶏肉を戻します。

転がしながら30秒ほど揚げます。

 

⑦黄金色になったらペーパータオルに取り出します。

 

⑧お皿にサラダ菜などの葉野菜をひいて

鶏肉をのせてレモンを添えれば完成です。

 

まとめ

水島弘史シェフの低温調理本当においしくできますよね。

ぜひ参考にしたいと思います。

 

スポンサーリンク