スタンフォード式 疲れない体

6月26日のおはよう朝日ですでは

スタンフォード式疲れない体を

教えてくれましたので紹介します。

 

スポンサーリンク

 

疲れの正体とは?

体を動かすだけでなく

デスクワークだけでも疲れを感じます。

筋肉だけでなく神経や脳の疲れも疲れとして感じます。

 

自律神経や中枢神経の伝達が悪いと

疲れやだるさとして感じます。

 

これらは姿勢の悪さなどが原因です。

 

腹圧呼吸

お腹をふくらませたまま呼吸します。

 

やり方

①椅子に浅くこしかけます。

 

②手を跳ね返すイメージで呼吸を行います。

 

5秒吸って5秒吐くを1分繰り返します。

スポンサーリンク

これで体幹の安定性があがり

酸素をたくさん取り込めるので

疲れにくくなります。

 

睡眠も大切

1日5時間睡眠だとパフォーマンスが落ちるのが分かっています。

1日7時間は寝るようにしてください。

しかし寝だめはバランスを悪くするので

プラス1~2時間にとどめるのがポイントです。

 

寝る前に約1分腹圧呼吸をすると

副交感神経が優位になって寝やすくなります。

 

まとめ

ぜひ参考にしてみたいと思います。

 

スポンサーリンク