テレビ

【ニッポン視察団】外国人が買いに来る「ご当地土産」ベスト30!ランキング!結果!1位!【9月29日】

HANNARI(はんなり) (生八つ橋 4色詰め合わせ 20個入)

9月29日のニッポン視察団では

外国人がわざわざ買いに来る

ニッポンのご当地土産ベスト30を

教えてくれましたので紹介します。

 

スポンサーリンク





 

第30位:シーサーの置物(沖縄県)

沖縄県のシーサーは表情が豊かで外国人に人気です。

 

第29位:りんごジュース(青森県)

濃縮還元をしていない絞りたてのりんごジュースが人気です。

 

第28位:こけし(宮城県)

鳴子温泉のこけしが人気です。

 

第27位:桔梗信玄餅(山梨県)

きな粉と黒蜜で食べる

ぷるぷるの食感の桔梗信玄餅が人気です。

 

第26位:琉球ガラス(沖縄県)

ひび割れや気泡をあえて入れる

沖縄の琉球ガラスが人気です。

 

第25位:カステラ(長崎県)

しっとりと柔らかな食感で人気です。

日本人も大好きですよね。

 

第24位:浮世絵(東京都)

神保町の浮世絵ギャラリーが人気です。

 

第23位:寄木細工(神奈川県)

伝統的な寄木細工が人気です。

 

第22位:ひよ子(福岡県)

東京土産と思われがちですが

福岡県のご当地土産です。

あんこを包んで専用の型でひよこの形にし

正確にひよこの目も入れています。

 

第21位:マルセイバターサンド(北海道)

六花亭のバターサンドが人気です。

ホワイトチョコ、レーズン、北海道産のバターが挟まれており

外国からわざわざまとめ買いをする外国人も紹介されました。

 

第20位:辛子明太子(福岡県)

日本の辛子明太子は日本酒を使った

羅臼昆布を使った特製だしで漬けられているので

たらこの旨味を最大限に引き出されています。

 

第19位:東京ばな奈(東京都)

外の柔らかいスポンジケーキと

中野バナナクリームが相性抜群と

外国人に人気です。

チョコバナナ味やメープルバナナ味

バナナプリン味、バナナヨーグルト味などがあります。

 

第18位:もみじ饅頭(広島県)

ふわふわの生地が美味しいと人気です。

宮島周辺には25件以上の専門店があり

シフォンケーキみたいに作るのでふわふわだそうです。

 

第17位:九谷焼(石川県)

石川県の伝統的工芸品で

色鮮やかなのが特徴です。

360年伝わる色彩技術で外国人にも人気です。

 

第16位:今治タオル(愛媛県)

2002年の布製品の国際見本市で最優秀賞を受賞した

今治タオルが紹介されました。

ふわふわの手触りとデザインの良さで

自分用のお土産として買う方が多いようです。

スポンサーリンク





第15位:うなぎパイ(静岡県)

パイ生地にうなぎエキスを練りこんだ焼き菓子です。

特殊な製法で9000層にも重ねていることで

独特の食感と美味しさが実現されています。

 

第14位:生八つ橋(京都府)

ガイドブックにも載っており

京都のおすすめのお菓子として紹介されています。

歯切れのいいもちもちとした食感が

外国人にも人気です。

 

第13位:えびせんべい(愛知県)

明治中期、国内消費が少なかったエビを中国へ輸出しており

そのご中国で作られたえびせんべいが日本に来たそうで

1894年ごろ愛知県で作られるようになりました。

中でもえびせんべいの里 セントレア店は

色々な味があって外国人が殺到しています。

 

第12位:甲州ワイン(山梨県)

甲州ワインは世界的にも人気になっており

ここ数年で10倍も出荷量が伸びています。

 

第11位:堺製の包丁(大阪府)

堺の包丁は安月桃山時代に海外から伝わった

たばこ包丁が製造のきっかけで

江戸時代には料理包丁の製造の盛んとなり

その技術はとても高いものとなっています。

 

第10位:日本酒(佐賀県)

佐賀県の肥前浜宿では

江戸時代から日本酒造りが栄えた土地で

今年7月から台湾と佐賀をつなぐ便が

 

第9位:丸亀うちわ(香川県)

香川県の北西の丸亀市の丸亀うちわが紹介されました。

国内シェア90%を占めており

江戸時代の武士の内職として発展しました。

年間1億5千万本以上生産しています。

 

第8位:鳩サブレー(神奈川県)

鎌倉の銘菓の鳩サブレーが紹介されました。

バターをたっぷりと使って

さっくりと焼き上げた鳩サブレーが人気です。

 

第7位:南部鉄器(岩手県)

南部鉄器は鋳型に鉄を流しこんで作る鋳物で

あられ模様は職人が1つ1つ手作業で売って作っており

とても手間暇がかかっている品物です。

 

第6位:雷おこし(東京都)

東京浅草の銘菓の雷おこしが紹介されました。

生米を蒸して焙煎したものが原料で

伝統の製造工程によってサクッとした食感が生まれています。

 

第5位:宇治抹茶(京都)

京都宇治の宇治茶が紹介されました。

特に抹茶が人気で、中国では宇治の抹茶がブランドとなっており

偽物も多いのでわざわざ買いに来る人が多いのです。

 

第4位:人形焼(東京都)

下町の銘菓の人形焼が紹介されました。

あんこがたっぷりで人気で

皮の食感も人気の秘訣です。

 

第3位:西陣織(京都府)

1300年以上の歴史を持つ西陣織が紹介されました。

特に外国人が買って行くのは

西陣織で作られた小銭財布やメガネケースなど

着物に負けないくらい繊細です。

 

第2位:ルタオのチーズケーキ(北海道)

小樽が発祥の洋菓子のお店のルタオのチーズケーキが紹介されました。

濃厚なベイクドチーズケーキの上に

さっぱりとしたレアチーズケーキを重ねた

ドゥーブルフロマージュは年間300万個売れる

看板メニューです。

 

第1位:白い恋人(北海道)

北海道の定番の白い恋人が紹介されました。

昭和51年に誕生し、当時流行っていたホワイトチョコレートを

薄いラングドシャにはさんだお菓子です。

 

まとめ

有名なものが多かったですが

見てると食べたくなりますね。

でもやっぱり北海道はすごいですね。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です