DVD付き 為末式かけっこメソッド 子どもの足を速くする!

11月13日の中居正広の身になる図書館では

子供が劇的に伸びるツボとして

フィジカルトレーナーの杉本龍勇さんが

足が速くなるツボを教えてくれましたので紹介します。

 

スポンサーリンク

 

長距離を速く走る方法

頭の中で自分の好きな音楽を思い浮かべて走るといいそうです。

前半はゆっくりした曲で

後半のペースを上げたいときにperfumeを

思い浮かべるといいそうです。

 

たった1時間で50mが速くなるツボ

3つの足を速くするツボがあります。

 

腕を振ることが大切

肘を肩の高さまで上げて振ることが大切です。

大きく腕を振ることで全身を使って走れるので

足が速くなります。

 

腕が振れるようになるためには

鉄棒やうんていを行うことで

腕の振りを鍛えることができます。

 

けんけんでバランス感覚を鍛える

走るときは両足が地面についていることはありません。

走るのには片足のバランスが重要なので

けんけんをしてバランス感覚を鍛えることが大切です。

 

自分の体を片足で支えることが苦手な子供が多くなっているので

これを練習することで足が速くなることが期待できます。

スポンサーリンク

姿勢をよくするために1点を見つめて走る

正しい姿勢で走ることが大切です。

上半身が揺れてしまうと推進力に悪影響がおこるので

目線をキープしてあげればブレにくくなります。

 

正しい姿勢の作り方

①足をそろえて腕を真上に上げます。

 

②腕が耳の後ろに来るようにします。

 

③目一杯伸ばしたら腕をおろします。

 

この時の猫背にならずに胸を張った姿勢になることが重要です。

 

 

まとめ

けんけん重要なのですね。

ぜひやってみたいと思います。

 

スポンサーリンク