ニチレイ)たいやき 約80g×10個入

8月22日のマツコの知らない世界では

マツコの知らない天然たい焼きの世界として

天然たい焼きを捕獲し続けて34年の宮嶋康彦さんが

おすすめのたい焼きを教えてくれましたので紹介します。

 

スポンサーリンク

 

天然モノたい焼きとは?

昔ながらの1匹ずつ焼くスタイルが天然モノで

数匹一気に焼ける型を使っているのが養殖ものです。

およげたいやきくんの影響で

一気に焼ける養殖物が出回ったそうで

天然モノのたい焼きは絶滅危惧種になっています。

 

浪花家総本店

天然モノの元祖と謳っています。

 

らっぱや(鳥取県)

タイの形が本物に似ています。

 

みわや(青森県五所川原)

揚げて砂糖をまぶした揚げたい焼きです。

スポンサーリンク

根津のたいやき(東京)

怒鳴られながら捕獲したそうです。

 

美濃白鳥の屋台(岐阜)

1つが枝分かれして2つ焼ける焼き型です。

車に衝突されながら見つけたそうです。

 

日吉屋(三重県伊勢)

6度の説得でお願いして魚拓を取らせてくれたそうです。

 

麻婆豆腐の世界

 

まとめ

たい焼き美味しいですが

こんなにこだわったことはなかったですね。

揚げたい焼き食べに行ってみたいです。

 

スポンサーリンク