【牡蠣佃煮】 宮城県産 かきのやわらか煮 50g×10入 かきや no kakiya 宮城のかきを使用 ふっくらジューシーなかきの旨味を!

10月9日のNHKのきょうの料理では

伝承料理研究家のじぃじこと奥村彪生さんが

かきのしぐれ煮飯の

作り方を教えてくれましたので紹介します。

 

スポンサーリンク

 

かきのしぐれ煮飯のレシピ

ごま油を使うことで牡蠣の独特の香りが抑えられます。

 

材料(4人分)

牡蠣・・小12個(200g)

米・・540ml(3合)

ごぼう・・70g

にんじん・・40g

 

【A】

しょうゆ・・大さじ3

みりん・・大さじ1

 

みつば(食べやすく切る)・・1/3ワ

塩・・適量

ごま油・・小さじ2

こしょう・・少々

 

作り方

①米は洗ってザルに上げ約10分置きます。

 

②ごぼうは皮をこそげて細いささがきにして水で洗います。

にんじんは5mmの厚さのいちょう形に切ります。

 

③ボウルに水カップ1と塩小さじ1/2を混ぜ合わせた塩水を作り

牡蠣をサッと洗って汚れを落とし、ザルに上げます。

 

④鍋に③の牡蠣と【A】を入れて強火にかけ

沸騰したら弱火にして約2分煮ます。

 

⑤ボウルにザルをのせて④をあけ

牡蠣と煮汁に分けます。

スポンサーリンク

⑥⑤の煮汁と水を合わせて650mlにして混ぜ合わせ冷まします。

 

⑦炊飯器に米と⑥を入れて混ぜ

ごぼう、にんじん、⑤の牡蠣を順にのせ

ごま油とこしょうを加えて炊きます。

 

⑧炊き上がったら牡蠣を取り出して

ご飯を混ぜ合わせて器に盛り

牡蠣をのせ、みつばを添えて完成です。

 

まとめ

牡蠣大好きですので

ぜひ参考にしたいと思います。

 

スポンサーリンク