水餃子14~16個入×6袋セット

1月16日のNHKのきょうの料理では

料理研究家のコウ静子さんが登場し

青菜の水ギョーザの

作り方を教えてくれましたので紹介します。

 

スポンサーリンク

 

青菜の水ギョーザのレシピ

韓国風の水餃子です。

 

材料(20個分)

ギョーザの皮(市販)・・大20枚

 

<スープ>

煮干し・・10g

 

【A】

しょうゆ・・小さじ1

酒・・小さじ1

みりん・・小さじ1

塩・・小さじ1/3

 

<タネ>

小松菜・・250g

えび(殻付き・無頭)・・正味100g

豚ひき肉・・100g

ねぎ(粗みじん切り)・・大さじ3

 

【B】

しょうが・・大さじ1

酒・・大さじ1

ごま油・・大さじ1

しょうが(すりおろす)・・小さじ1/2

こしょう・・少々

 

<つけだれ>

みつば(ざく切り)・・3~4本分

細ねぎ(1~2cmの長さに切る)・・2本分

しょうゆ・・大さじ1

黒酢(または酢)・・大さじ1

白ごま・・小さじ1/3

粉唐辛子・・小さじ1/4

 

塩・・適量

酒・・適量

 

作り方

①スープを作ります。

煮干しはワタを除いて身を半分に裂き

水カップ2につけて1時間~一晩おきます。

 

②①の煮干しを汁ごと鍋に入れて

弱火で10分ほど煮だして

ペーパータオルで漉して【A】を加えます。

 

③タネを作ります。

小松菜は粗みじん切りにして

塩小さじ1/2を振って揉んで5分おいて水気を絞ります。

 

④えびは殻をむいて尾と背ワタを除いて

塩、酒少々を振って軽く揉み

5分ほど置いてサッと洗って水けをふき

包丁で粗く叩きます。

 

⑤ボウルに豚ひき肉とえびを入れて

【B】を加えて手で均一に混ぜます。

小松菜とねぎを加えてさらによく練り混ぜます。

スポンサーリンク

⑥ギョーザの皮1枚を手のひらに載せ

タネを大さじ1ほどのせて

皮の縁に水をつけて半分に折ってしっかり閉じ

左右の端を少し重ねて水をつけて留めます。

 

⑦スープを温めておき

つけだれの材料を合わせておきます。

 

⑧鍋にたっぷりの湯を沸かしてギョーザを入れ

火が通って浮き上がってくるまで

約3分ほど茹でます。

 

⑨器に盛ってスープを注ぎ

つけだれを添えて完成です。

 

まとめ

温まりそうな餃子でおいしそうですね。

ぜひ参考にしたいと思います。

 

スポンサーリンク