行列のできる 下町のおでん屋さん!・人気おでん種セット(おでんだし付)

11月30日のNHKのきょうの料理では

料理研究家の土井善晴さんが登場し

みそおでんの

作り方を教えてくれましたので紹介します。

 

スポンサーリンク

 

みそおでんのレシピ

2種類のみそだれでいただきます。

 

材料(4人分)

鶏もも肉・・1枚

ねぎ・・1本

こんにゃく・・1枚

焼き豆腐・・1/2丁

うずらの卵・・10個

ぎんなん・・16個

里芋・・4個

 

<合わせみそ>

赤だしみそ・・40g

白みそ・・50g

砂糖・・大さじ2

酒・・カップ1/3

 

<しょうがみそ>

赤みそ・・100g

砂糖・・大さじ1

酒・・カップ1/3

しょうが(皮つきのまますりおろす)・・50g

 

昆布だし・・適量

すりごま(白)・・適宜

七味唐辛子・・適宜

塩・・適量

 

作り方

①2種類のみそダレをつくります。

合わせみそは酒以外の材料を鍋にいれて

酒を加えてみそを溶きのばしながらよく混ぜ合わせます。

 

②弱火にかけてヘラで絶えず練り混ぜながら

ひと煮立ちさせればOKです。

 

③しょうがみそはしょうがと酒以外の材料を鍋に入れ

酒を加えてみそを溶きのばしながらよく混ぜます。

 

④弱火にかけてヘラで絶えず練り混ぜながらひと煮立ちさせ

最後にしょうがを加えてサッと煮たててなじませればOKです。

 

⑤具材の下ごしらえをします。

鶏肉は一口大に切って

ねぎは2cmの長さに切ります。

鶏とねぎを交互に串に刺します。

 

⑥こんにゃくは塩少々をまぶしてまな板の上で揉み

水で洗って水けをふきます。

1cmの厚さに切って中央に切り目を入れて

片端を切り目にくぐらせて手綱こんにゃくにして串を打ちます。

 

⑦焼き豆腐は2cm角の5cmの長さに切って串を打ちます。

スポンサーリンク

⑧うずらの卵は水から茹でて

沸騰したら4分茹でてかた茹でにします。

殻をむいて2個ずつ串を打ちます。

 

⑨ぎんなんは殻を割って塩ゆでにし

薄皮をむいて3~4個ずつ串を打ちます。

 

⑩里芋は洗って水から茹でて

煮たってからさらに20分茹でます。

皮をむいて大きければ2つ割にして串を打ちます。

 

⑪土鍋に具材を入れて

昆布だしを具材が被る程度入れ中火にかけます。

アクが出たら取り除いて具材が温まれば完成です。

みそをつけていただきます。

 

まとめ

冬はやっぱりおでんですね。

ぜひ参考にしたいと思います。

 

スポンサーリンク