九州産 里芋(さといも・サトイモ)1kg  九州の安心・安全な野菜! 【九州・宮崎産・熊本産・大分産】

9月13日、14日のNHKのきょうの料理では

料理研究家の松田美智子さんが

里芋といかの煮物の

作り方を教えてくれましたので紹介します。

 

スポンサーリンク

 

里芋といかの煮物のレシピ

いかのうまみがしみ込んでおいしそうです。

 

材料(4人分)

里芋・・500g

するめいか・・1ぱい

だし・・カップ2

しょうが(千切り)・・10g

三温糖・・適量

酒・・大さじ3

薄口しょうゆ・・大さじ1と1/2

 

作り方

①里芋は傷つけないように気をつけて

目の粗いスポンジでこすって流水で洗います。

 

②盆ザルに乗せて乾かします。

乾かすことで皮が綺麗にむけます。

 

③里芋の下から上に向かって

方向で縦に皮をむきます。

残った小さい汚れはペーパータオルで取り除きます。

 

④いかは胴と足がつながっている部分を外し

ワタごと足をゆっくり引き抜きます。

 

⑤胴の中の軟骨を外して

胴の中を水で洗ってエンペラごと1cm幅に切ります。

 

⑥足についている口と目を切り離します。

 

⑦足は先端を切り落として吸盤をしごくようにして水で洗い

2本ずつ切り離して食べやすい大きさに切り揃えます。

 

スポンサーリンク

⑧土鍋のような厚手の鍋にだしと

しょうが、里芋を入れて強火にかけます。

 

⑨酒、三温糖大さじ1を加えて厚手のペーパータオルをのせ

鍋の蓋をします。

 

⑩沸騰したら弱火にして

途中で味を見て三温糖大さじ1を加えます。

 

⑪里芋が柔らかくなったら火を止めて

そのまま粗熱を取ります。

 

⑫再び弱火にかけてペーパータオルを外して

いかの胴、足、薄口しょうゆを加えて

再びペーパータオルを乗せます。

 

⑬いかに火が通ったら火を止めて完成です。

 

まとめ

イカが染みておいしそうですね。

ぜひ挑戦してみます。

スポンサーリンク