有機・無農薬夏野菜をおいしくつくる基本とコツ 2017年 2017年 06 月号 [雑誌]: 野菜だより 別冊

7月18日、19日のNHKのきょうの料理では

新家庭料理の定番として

料理研究家の小林まさみさんが

夏野菜のだしびたしの

作り方を教えてくれましたので紹介します。

 

スポンサーリンク

 

夏野菜のだしびたしのレシピ

作りおきができるレシピです。

 

材料

なす・・2個(160g)

エリンギ・・1~2本(100g)

甘長とうがらし・・6~7本(100g)

鶏ささ身・・3本(140g)

 

【A】

水・・カップ1と1/2

削り節・・5g

みりん・・大さじ2

しょうゆ・・大さじ2

塩・・小さじ1/2

 

サラダ油・・大さじ3

ごま油・・大さじ1

片栗粉・・適量

 

作り方

①なすはピーラーでしまむきにして

ヘタを取って四つ割りにします。

 

②エリンギは縦に4~8等分に切ります。

甘長とうがらしはヘタの先を少し切って

縦に1本切り目を入れます。

 

③鶏ささみは筋を取って縦半分に切ります。

 

④フライパンにサラダ油とごま油を加えて

強めの中火で熱します。

 

⑤エリンギ、甘長とうがらしをいれて

こんがり色づくまで3分ほど炒めます。

 

⑥火が通ったものから網をのせたバットに取り出します。

 

⑦同じフライパンでなすを2分ほど炒めて取り出します。

スポンサーリンク

⑧鶏ささ身に片栗粉を適量まぶして

フライパンに並べて2~3分ほど加熱します。

 

⑨バットにエリンギ、甘長とうがらし

なす、鶏ささ身を広げます。

 

⑩鍋に【A】を入れてひと煮立ちさせて⑨にかけて

味がなじむまで20分以上置けば完成です。

 

まとめ

だしが染み込んでおいしそうですね。

ぜひ挑戦してみます。

 

スポンサーリンク