肉のひぐち (冷凍)飛騨牛ハンバーグ 120g×6個

8月1日のこの差って何ですかでは

夏を乗り切るスタミナ料理として

お肉で有名なミート矢澤さんが

肉汁あふれる絶品ハンバーグの

作り方を教えてくれましたので紹介します。

 

スポンサーリンク

 

ミート矢澤「ハンバーグ」のレシピ

 

ポイント①「肉」

牛肉100%のひき肉を使用します。

牛ひき肉にすることでミディアムレアで食べられるので

よりジューシーになります。

 

ポイント②「玉ねぎ」

玉ねぎは細かいみじん切りにします。

肉の食感を際立たせるために

玉ねぎは入っているのが分からないくらい細かい方がGOODです。

 

ポイント③「成形」

ハンバーグを20回以上投げて

肉だねの空気を抜いてください。

そうすることで肉がしっかり詰まったハンバーグになります。

 

ポイント④「焼き方」

両面を強火で焼き固めたら

蓋をして蒸し焼きにします。

ミート矢澤ではコンベンションオーブンを使っていますが

家庭では蓋をして蒸し焼きにします。

 

ポイント⑤「焼き上がりの確認」

指で軽く押して跳ね返りがある弾力があればOKです。

 

材料

牛ひき肉

玉ねぎ

パン粉

サラダ油

こしょう

牛乳

ナツメグ

バター

 

作り方

①玉ねぎを細かめのみじん切りにします。

 

②フライパンにバターとサラダ油を熱して

玉ねぎを加えてボウルに取り出して冷まします。

 

③粗熱が取れたら冷蔵庫で30分ほど冷やしてください。

 

④ボウルに牛ひき肉、パン粉、牛乳、卵、塩、こしょう

ナツメグ、冷やした玉ねぎを加えます。

 

⑤さらに氷を入れて肉の脂が溶けださないようにして混ぜます。

肉1kgに対して氷は2個程度です。

スポンサーリンク

⑥刻んだ牛脂も肉1kgに対して40g加えてください。

 

⑦キャッチボールをして肉だねの空気を抜いて

ハンバーグの形に成形します。

 

⑧フライパンを強火で熱してハンバーグの表面を焼き色をつけます。

 

⑨両面に焼き色がついたら蓋をして蒸し焼きにします。

 

⑩指で押して弾力があれば焼き上がりです。

 

ミート矢澤のハンバーグソースのレシピ

 

まとめ

ポイントをしっかり守って

肉汁あふれるハンバーグを作ろうと思います。

 

スポンサーリンク