その調理、まだまだ9割の栄養捨ててます!

3月15日の金スマこと

中居正広の金曜日のスマイルたちへでは

「その調理、9割の栄養捨ててます!」から

名医と料理好き芸能人が対決し

栄養を捨てない作り方を教えてくれましたので紹介します。

 

スポンサーリンク

 

第8位:ゴボウはアク抜きしない

ゴボウはアク抜きすると栄養素を40%捨てています。

ゴボウのアクと思っていたのはうま味成分で、アク抜きをする必要はありません。

さらには皮にもクロロゲン酸が含まれており、うま味成分です。

 

第7位:ブロッコリーの茎を捨てるともったいない

ブロッコリーは茎にビタミン類が豊富に含まれており

硬い外側を薄切りにすれば蒸し料理と同じように食べられます。

ビタミンが水で流れないように

蒸し料理や電子レンジで温めて調理するのがおすすめです。

 

第6位:納豆は熱々で食べると酵素が50%死滅

納豆はアツアツで食べるとナットウキナーゼが壊れてしまいます。

70℃以上になると死滅します。

納豆汁や納豆オムレツはもってのほかで

納豆ご飯を食べる時は3分ほど待ってから納豆をのせていただくのがおすすめです。

 

まとめ

ぜひ参考にしてみます。

 

スポンサーリンク