スタンフォード式 最高の睡眠

11月14日のビートたけしさんがMCの

みんなの家庭の医学では認知症になりやすい危険な睡眠が

いびきと関係していることを教えてくれましたので紹介します。

いびき解消や低酸素予防などのやり方も。

 

スポンサーリンク

 

認知症予防の睡眠とは

認知症のリスクを上げるのは「いびき」をかくこと

さらにある状態が危険だそう。

 

いびきをかくと、酸素が取り込めず低酸素状態に

 

脳の神経細胞が死滅する

低酸素状態が毎晩続くと細胞が障害をうけてしまう。

 

睡眠時無呼吸症候群患者は認知症の発症率が2倍に!

 

いびきを解消する方法

スポンサーリンク

 

横向きに寝ることで舌の落ち込みを減らし、気道が広がり出にくくなる。

 

さらに抱き枕を使って横向きで寝るといびきを改善することができます。

仰向けになっても楽な横向きに戻りやすいとのこと。

 

 

まとめ

睡眠もやはり大事なのですね。

ぜひ参考にしたいと思います。

スポンサーリンク