みんなの家庭の医学

【たけしの家庭の医学】輪ゴム体操!肩こりを5日間で改善する方法!肩甲骨のチェック!みんなの家庭の医学!【12月26日】

輪ゴム一本で身体の不調が改善する!: さとう式リンパケア

12月26日のビートたけしさんがMCの

みんなの家庭の医学では

輪ゴムを使った肩こり改善法を

畑幸彦先生が教えてくれましたので紹介します。

 

スポンサーリンク





 

肩こりの人は肩甲骨が動かない

肩甲骨は通常は鎖骨のみでつながっており

上下左右に比較的自由に動く骨です。

しかし、肩こりがひどい人は

肩甲骨は外側にずれて前傾してしまっていました。

 

肩甲骨チェック「背面指合わせテスト」

肩甲骨の状態を知ることで

肩こりの改善と予防ができます。

 

やり方

①両手の甲を前向きにして

腕を少し開いて立ちます。

 

②腕を伸ばしたまま腕を後ろにします。

 

③背中の後ろで両手の親指をつけます。

親指がつけば合格です。

 

肘を曲げないように気をつけてください。

 

肩こり改善の輪ゴム体操

スポンサーリンク





やり方

①肩幅の長さに合わせ輪ゴムを6~10個つなげます。

 

②輪ゴムがたるまないように両手で持ちます。

 

③脇をしめて腕を体にぴったりつけます。

 

④輪ゴムを引っ張り両手をゆっくり広げます。

 

⑤10秒間とめて、手を元に戻します。

 

10回を1セットとして1日3セット行ってください。

 

肩甲骨を背中に寄せて下に引っ張るイメージで行ってください。

 

僧帽筋の緊張がゆるむので

肩こりが改善されます。

 

まとめ

輪ゴムでできるのなら手軽なので

ぜひ参考にしたいと思います。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です