国産(北海道) とよまさり大豆 1kg

12月4日のビートたけしさんがMCの

みんなの家庭の医学では

肝臓の老化ストップSPとして

脂肪肝に大豆のβ-コングリシニンが効果的と

教えてくれましたので紹介します。

 

スポンサーリンク

 

脂肪肝とは?

脂肪肝とは肝臓に中性脂肪が異常に蓄積した状態のことで

俗にいうフォアグラ状態の肝臓のことを差します。

脂肪肝になっても自覚症状はほとんどないですが

肝臓に脂肪が油滴のようにたまっている状態で

脂肪代謝が追い付かない状態に陥ってしまっています。

 

脂肪肝の状態ではまだ可逆的に戻ることができますが

脂肪肝が進行すると肝硬変になり

元の肝臓には戻らなくなってしまいます。

 

また、ガッテンで紹介されていたのですが

肝臓の脂肪からはヘパトカインという

体の糖や脂肪を筋肉で消費しづらくなるように働きかける

超悪玉ホルモンを放出することが判明しているので

脂肪肝を放置するのはよくありません。

 

脂肪肝は大豆タンパク質で改善できる

非アルコール性の脂肪肝に

大豆に含まれているβコングリシニンが効果的であることが

東京大学の研究により明らかとなりました。

 

大豆たんぱく質のβコングリシニンは

FGF21というホルモンに働きかけ

FGF21は脂肪組織に働きかけて脂肪を分解してくれます。

スポンサーリンク

βコングリシニン

βコングリシニンは大豆たんぱく質の20%を占めており

大豆を摂取することで

脂肪肝を予防できることが期待できます。

 

1日100gの大豆

脂肪肝を改善するためには

1日に100gの大豆を摂るのがポイントです。

大豆製品にはどれくらいの大豆が含まれているのでしょうか。

 

納豆1パック・・大豆25g

豆腐1丁・・80g

揚げ油1枚・・7g

味噌汁1杯分の味噌・・5g

 

大豆のレシピ

 

おからサラダ

おからを使ったサラダです。

 

材料

大豆

ベーコン

きゅうり

玉ねぎ

マスカルポーネチーズ

こしょう

 

材料

①煮込んだ大豆をミキサーでペーストにします。

 

②布で絞って豆乳とおからに分けます。

 

③おからにベーコン、きゅうり、玉ねぎを合わせます。

スポンサーリンク

④マスカルポーネチーズを加えます。

 

⑤塩コショウで味付けして完成です。

 

まとめ

ぜひ参考にしたいと思います。

 

スポンサーリンク