高血糖に効くおいしいレシピ200 (毎日食べたいおいしいレシピシリーズ)

11月6日のビートたけしさんがMCの

みんなの家庭の医学では

高血糖になりやすい人の顔を

教えてくれましたので紹介します。

 

スポンサーリンク

 

高血糖になりやすい人の顔

高血糖になりやすい人の顔の特徴は

ほうれい線のしわが深い人です。

ほうれい線のしわが深いと高血糖になる可能性が高いです。

 

ではほうれい線が深いとどうして高血糖になりやすいのでしょうか?

 

ビタミンDとほうれい線の関係

ほうれい線が深い人はビタミンDが不足している可能性があるのです。

ビタミンDは骨を作るビタミンとして知られていますが

ビタミンDは2型糖尿病のリスクを抑える可能性が示されました。

 

ビタミンDが不足して血糖値が高めになると

顔のコラーゲンが糖化して硬くなってしまうので

ほうれい線のしわが深くなるという関係があります。

スポンサーリンク

ビタミンDの効果

ビタミンDを摂ると骨からオステオカルシンが分泌され

この物質が多いと血糖値の上昇が抑えらえます。

 

ビタミンD食材「きのこ」

高血糖を防ぐビタミンD食材はきのこが紹介されました。

他にも鮭などの魚類にも含まれています。

きのこを日常的に摂ることでビタミンDを摂取することが可能です。

 

番組で紹介されたレシピは

  • ナラタケとマイタケのきんぴら
  • キクラゲのサラダ
  • トンビマイタケの唐揚げ
  • ナラタケのけんちん汁

が紹介されました。

 

油で揚げるとビタミンDの吸収率が良くなるそうです。

 

まとめ

ぜひ参考にしたいと思います。

 

スポンサーリンク