「こころ」の名医が教える 認知症は接し方で 100% 変わる!

10月2日のビートたけしさんがMCの

みんなの家庭の医学では

認知症の新たなサインを

教えてくれましたので紹介します。

 

スポンサーリンク

 

食後の強い眠気が新たな認知症のサイン

脳年齢が実年齢よりも上の人は

食後に強い眠気に襲われて昼寝をしていました。

これが新たな認知症のサインです。

 

食後低血圧

食後に強い眠気を感じる理由は食後低血圧です。

普通の人でも食後に血圧は下がりますが

食後低血圧は20mmHgも下がってしまうのが

食後低血圧です。

 

食後低血圧になると認知症のリスクが上がってしまいます。

食後に若いころに比べて

眠くなる頻度が高くなったり

いつの間にか寝てしまっている人は

食後低血圧の可能性があります。

 

なぜ食後低血圧で認知症のリスクが上がるのか?

脳内で発生するアミロイドβが溜まると

認知症が発生することが分かっています。

食後低血圧の人はアミロイドβが溜まりやすくなってしまいます。

スポンサーリンク

食事をすると胃腸の血液量が増えて

逆に脳の血流が正常な人よりも減ってしまいます。

血圧が下がって脳の血流が下がると

アミロイドβが溜まっていってしまいます。

 

食後低血圧を改善する方法

食後低血圧を改善するには

よく噛んで食べることが重要です。

 

まとめ

ぜひ参考にしたいと思います。

 

スポンサーリンク