血栓を溶かす“ルンブルクスルベルス”の驚異

9月11日のビートたけしさんがMCの

みんなの家庭の医学では

血栓を溶かすt-PAの増やす方法を

教えてくれましたので紹介します。

 

スポンサーリンク

 

血栓とは

血栓とは血液が固まった血の塊のことで

特にドロドロの血によって血管にできると

血管を詰まらせてしまうやっかいなものです。

 

脳内で出来てしまうと、脳梗塞などの疾患になってしまい

体の麻痺が症状として出ることがあります。

 

血栓を溶かす「t-PA」

医療現場でも使われておりt-PAという物質は

血栓を溶かす効果がとても高い物質です。

 

t-PAは我々の体内で作られる物質で

この物質を増やすようにすると

血栓ができにくい体になることが期待できます。

 

日常の中で血栓ができやすい状況

驚いたときなどに血栓ができやすい状況となり

番組ではゴキブリのおもちゃで驚かせた後には

血栓ができやすい血液になっていました。

 

極度の緊張やストレス、あるいは恐怖によって

血栓ができやすい状態となってしまうのです。

スポンサーリンク

t-PAを増やす方法

t-PAを増やすにはウォーキングがおすすめです。

ウォーキングによって血管の壁が刺激されることで

t-PAが分泌されて血栓ができにくくなります。

 

おすすめのウォーキング法

通常の歩幅よりも靴1つ分大きく歩くようにします。

歩幅を大きくした早歩きでt-PAが放出され

血栓ができにくい体が期待できます。

 

まとめ

ぜひ参考にしたいと思います。

 

スポンサーリンク