5秒トレで燃えよ! 内臓脂肪

6月26日のビートたけしさんがMCの

みんなの家庭の医学では

内臓脂肪を勝手に燃やしてくれる「BAT」

を教えてくれましたので紹介します。

 

スポンサーリンク

 

BATとは?

脂肪細胞には2種類があり

皮下脂肪や内臓脂肪は白色脂肪と呼ばれる種類の脂肪です。

もう1つは褐色脂肪でこれがBATと呼ばれています。

 

2つともの脂肪細胞は中性脂肪をためているという点は一緒です。

しかし、白色脂肪は脂肪を食べておく貯蔵庫で

必要な時に分解されてエネルギーになりますが

褐色脂肪は脂肪をためつつ自身で分解して

エネルギーに変換する能力があります。

 

褐色脂肪はエネルギーをためつつ

熱を産生するヒーターの機能を持っています。

つまり、褐色脂肪はどんどんと熱を作り出すので

エネルギーを消費してくれる痩せる脂肪です。

 

BATが活性化した場合の脂肪燃焼効果は

筋肉を動かした場合に比べて

70~100倍の効率が期待できます。

 

褐色脂肪組織

褐色脂肪がもっとも多いのは赤ちゃんです。

赤ちゃんは筋肉を震わせることなく

体温を高い状態で保っていられます。

これは褐色脂肪によるヒーター効果で寒さから守られています。

 

しかし、年齢を重ねるにつれて褐色脂肪は減っていきます。

以前のNHKの番組では寒冷刺激によって

褐色脂肪が増えると紹介されていました。

スポンサーリンク

褐色脂肪を増やす食材

私たちの肌表面には温度を感知する

トリップチャネルというものがあります。

温度変化を感じるとトリップチャネルが刺激され

脳に刺激が行くことで褐色脂肪が活性化されます。

 

このトリップチャネルを刺激する食材を食べることで

褐色脂肪のBATを活性化させる効果が期待できます。

 

とうがらし、黒こしょう、生姜や青魚のDHAやEPAが効果的です。

さらにはミントやたまねぎ、にんにく

和がらし、わさび、緑茶なども褐色脂肪を増やすことが期待できます。

 

まとめ

ぜひ参考にしたいと思います。

 

スポンサーリンク