みんなの家庭の医学

【たけしの家庭の医学】小腸の毛(絨毛)をフサフサにする栄養素「たんぱく質(グルタミン)」!免疫力をアップさせる方法!みんなの家庭の医学!【6月12日】

それでは実際、 なにをやれば 免疫力があがるの? - 一生健康で病気にならない簡単習慣 -

6月12日のビートたけしさんがMCの

みんなの家庭の医学では

免疫力をアップさせる方法を

教えてくれましたので紹介します。

 

スポンサーリンク





 

免疫力は腸の絨毛と関係あり

免疫力アップに大切な臓器は腸です。

体の免疫細胞の半分以上が腸にいるとわかっています。

特に大切なのが小腸です。

 

小腸には細かな毛がびっしりと生えており

これが絨毛と呼ばれています。

絨毛がフサフサの人は免疫力が高いです。

 

絨毛とは?

絨毛は小腸に生えており

長さが1mmで太さが0.1mm程度の毛です。

小腸にはいろいろな食べ物を食べるので

毒素や病原菌も一緒に入ってきてしまいます。

これらの体内への侵入を防ぐために

絨毛にはたくさん免疫細胞が存在しています。

 

絨毛を全部広げるとテニスコート1つ分もあります。

スポンサーリンク





絨毛をフサフサにする栄養素

絨毛をフサフサにする栄養素はたんぱく質です。

たんぱく質は肉や魚などに含まれる栄養素ですが

グルタミンというアミノ酸は

短くなった絨毛を伸ばして

少なくなった絨毛を増やしてくれると考えられています。

 

まとめ

ぜひ参考にしたいと思います。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です