心臓の左上をさすればしっかり疲れはとれる

4月3日のビートたけしさんがMCの

みんなの家庭の医学では

心臓の老化について特集してくれて

心臓の老化を防ぐ方法を

教えてくれましたので紹介します。

 

スポンサーリンク

 

心臓の老化はアンジオポエチンL2

心臓の老化はあるたんぱく質の影響によります。

この場合のたんぱく質とは

  • ヘモグロビン
  • コラーゲン
  • インスリン

といった体内で酵素的な働きをする物質のことを指します。

 

心臓の老化に影響するたんぱく質は

アンジオポエチンL2です。

 

アンジオポエチンL2は適量分泌されているときは

心臓にとって良い働きをしているのですが

過剰に分泌されてしまうと

心臓の筋肉に悪影響を与えてしまい

心臓の老化につながってしまうのです。

 

このアンジオポエチンL2は全身の細胞から分泌されています。

そのため増えすぎると様々な障害があります。

心臓からたくさん出ると心臓の老化。

血管で増加すると動脈硬化。

皮膚で増えるとしわの原因となります。

 

アンジオポエチンL2が増える原因

アンジオポエチンL2が増えすぎる原因は

その1つに加齢が挙げられます。

そしてもう1つの大きな原因は脂肪です。

心臓の老化物質が多かった人は心臓に脂肪が蓄積していました。

スポンサーリンク

心臓に脂肪が蓄積していた人は

1日で座っている時間が長い人でした。

できるだけ座っている時間を短くして

伸びをすることでアンジオポエチンL2を減らすことが期待できます。

 

心臓の老化たんぱくを減らす方法

①1時間に1回立つようにする。

 

②立った時に伸びをするようにする。

 

まとめ

心臓が老化するのは怖いので

ぜひ参考にしたいと思います。

 

スポンサーリンク